「働いてくれてありがとう」と感謝する気が失せる夫の暴言9パターン


毎日頑張って働いてくれる夫は、妻にとって何より頼もしい存在。ところが、そんな夫のプライドが、ときに心ない言葉となって飛び出し、妻との間にミゾを作ってしまうケースも多々あるようです。そこで今回は、独自アンケートの結果をもとに「『家族のために働いてくれてありがとう』という気持ちが失せる夫の暴言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ!」などと、威張る

    「『タダ飯喰らいのくせに!』って、いつの時代の男かと思った(笑)」(20代女性)というように、どこかで聞いたような尊大な言葉は、感謝どころか妻の失笑を買いかねません。売り言葉に買い言葉で「俺が養ってやっている」などと言いそうになったら、一呼吸おいてクールダウンしましょう。

  • 【2】「誰のために働いていると思ってるんだ!」などと、恩に着せる

    「仕事の文句ばかり言うのを注意したら、『俺は家族の犠牲になって…』と逆上。怒りの矛先が違うでしょ!」(20代女性)というように、恩着せがましい言葉は言い争いのもとになりそうです。ストレスのせいで妻に不満をぶつけそうになったら、「グチを聞いてもらうとスッキリするんだ」などと、相手を責めない言い方で、自分の要望を伝えましょう。

  • 【3】「おまえは楽でいいよなー」などと、主婦業を軽んじる

    「子どもに添い寝しながら、ついウトウト。帰ってきた夫に『また寝てるのかよ』と言われて、バトルが始まった」(30代女性)というように、特に幼児がいる場合、主婦業は睡眠もろくにとれないハードワークです。疲れて寝ているときには嫌味を言うより、そっと毛布をかけてあげれば、妻も感激するでしょう。

  • 【4】「仕事があるから」などと、言い逃れの大義名分にする

    「初産の陣痛で苦しんでいたとき、『タクシーで病院行ってね』と出勤した夫。一生忘れない!」(30代女性)というように、常に仕事優先の思考回路でいると、ここ一番の局面で、トンデモ発言をしてしまいます。ふだんから仕事と家庭の調整を心がけて、脳トレしておきましょう。

  • 【5】「ありがたいと思え!」などと、何かと感謝を強要する

    「外食するたび、『誰が払ったか忘れるなよ』と念を押す夫にウンザリ」(30代女性)というように、「ありがとう」をいちいち強いられるようでは、誰でも感謝の気持ちが半減するでしょう。感謝の言葉を期待するなら、自分から「いつも助かるよ」を連発し、妻に心地よさを感じてもらうと効果があるかもしれません。

  • 【6】「お前の仕事だろ!」などと、家事・育児に参加する気がない

    「娘をあやしながら揚げ物してるわたしの横で、ふんぞり返って『飯まだ?』って…」(20代女性)というように、家庭内のすべてを「妻の仕事」だと決めつけることは、予想以上に妻を苛立たせます。妻のメイク中の間は子どもを見るなど、短時間でできることからサポートする姿勢を示しましょう。

  • 【7】「俺は稼いでるから」などと、金持ちを気取る

    「収入が多いからって、私の実家の質素な生活を見下す夫。人としてどうかと思う」(30代女性)というように、この手の自慢は、場合によっては品性を疑われかねません。よその家庭と比較して優越感にひたろうとすると、よけいに小さな人間だと思われてしまうので、やめたほうがよいでしょう。

  • 【8】「俺の金を好きに使って何が悪い」などと、浪費しても開き直る

    「車に散財するぐらいなら黙認してたけど、隠し口座が発覚して『文句あるか』と言われたときは、離婚を考えました…」(40代女性)というように、お金に関して信頼関係を突き崩すような態度を取ると、夫婦関係の破たんを招きかねません。本音では「俺の稼ぎだ」と思っていたとしても、せめて家計はオープンにするよう努めましょう。

  • 【9】「食いぶちぐらい、自分で稼げ!」などと、妻に収入がないことをバカにする

    「結婚20年、家事・育児にがんばってきたのに、『役立たず』だなんてひどい…」(40代女性)というように、収入の有無だけで妻の働きぶりを否定するのは、まさに言葉の暴力でしょう。妻が自立の道を見つけて離れていかないように、態度を改めたほうがよさそうです。

ほかにも「『家族のために働いてくれてありがとう』という気持ちが失せる夫の暴言」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(水谷仁美)
Photo:All images by iStock