この人が旦那さんなら…婚活女性から注目される男性9パターン


婚活にいそしむ女性が結婚相手として男性に求めるのは、決して「条件のよさ」だけではないようです。では、女性が「結婚相手にふさわしい」と判断するのはどういう男性なのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「『この人が旦那さんだったら幸せになれそう』と婚活女性にビビッとくる男性の特徴9パターン」を紹介します。

  • 【1】自分だけでなく、子どもやお年寄りにも優しい人

    「大切にしてくれそう」(20代女性)など、自分より弱い者に笑顔で対応できる男性こそ、ずっと一緒にいる相手として理想だと婚活女性は感じるようです。電車などで騒いでいる子どもがいても怒らず微笑ましく見守っていると女性は「子ども好きなのね」と好感を持つでしょう。

  • 【2】「おはよう!」と挨拶がさわやかで礼儀正しい人

    「親受けもよいだろうな」(20代女性)など、挨拶がきちんとでき清潔感のある男性は、「親ウケのよさ」を約束しているようなもの。婚活女性にとっては好感度が高いようです。人見知りで女性になかなか挨拶ができない場合でも、直接やり取りをする機会があれば、とにかく笑顔で接するとよいでしょう。

  • 【3】貯金をしっかりしていて経済観念がしっかりしている人

    「結婚しても資金繰りに困らなそう」(20代女性)など、お金の管理ができる男性は「将来設計がしっかりできていそう」と女性が安心するようです。ただし、デートの際1円単位まで割り勘にするのは、ただのケチだと思われるので注意したいところです。

  • 【4】人からのアドバイスに耳を傾けることができる心に余裕がある人

    「素直に自分の欠点を受け入れている姿はかっこいい」(30代女性)など、ムキにならずにダメ出しを受け入れる男性の姿を見て、女性は「穏やかに過ごせそうな人」と思うようです。人前で怒りをあらわにすると、家族にはもっと荒っぽくなると思われ兼ねないので常に理性を保った行動を心がけておきたいところです。

  • 【5】料理や掃除など家事が得意な人

    「家事をしてくれるなんて最高です」(20代女性)など、男性が自発的に家事に取り組んでくれる姿勢を歓迎する女性は多いようです。ただし、家事が不得意な女性にダメ出しをすると、一緒にいて窮屈な人だと思われかねないので注意したほうがよさそうです。

  • 【6】笑いのセンスがあって話がおもしろい人

    「一緒にいて飽きない」(20代女性)など、話が面白い男性とは、笑いが絶えない家庭が築けるのではと期待する女性もいます。デート中の会話が弾まなかったときは「普段は面白いと言われるんだけど、キレイな人の前だと緊張して」などとフォローしておくとよいかもしれません。

  • 【7】深い付き合いの親友がいる人

    「人として信用できる!」(30代女性)など、仲のいい友人を持つ男性とは「きちんとした人間関係が築けそう」と安心する女性も。学生時代から長く続いている友達が多いことをアピールすると、「他人から愛される人なんだなぁ」と株が上がるかもしれません。

  • 【8】女性経験が少なくて純粋な人

    「モテる人と違って一人の女性を大事にしそう」(20代女性)というように、女性に慣れていない男性を、女性は「一途で浮気の心配がない人」と判断するようです。たとえ女性経験が少なくない男性でも、できるだけ他の女性の話題は控えたほうがよさそうです。

  • 【9】他人の悪口をほとんど言わない人

    「人柄もいいだろうし、尊敬する」(20代女性)など、女性は他人のことを悪く言わない誠実な男性に「夫として合格!」と太鼓判を捺すようです。たまたま悪口を言ってしまった場合でも、必ず「あまり言うべきじゃないね」など反省した姿を見せるとよいでしょう。

婚活女性にとって、男性に求める条件はお金やルックスに限らないようです。婚活女性に見初められるには「子ども好き」や「経済観念がある」など生活に欠かせない条件を気にした立ち振る舞いをしたほうがよいかもしれません。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock