「男の友情っていいなぁ」と女性がキュンとする、男友達への褒めゼリフ9パターン


気になる女性には自分の長所をアピールしたくなるものですが、あえて「男友達」をさりげなく褒めることで、間接的に好印象を持ってもらえるケースもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性268名に聞いたアンケートを参考に、「『男の友情っていいなぁ』と女性がキュンとする、男友達への褒めゼリフ9パターン」をご紹介します。

  • 【1】爽やかなライバル心を感じさせる「アイツには負けたくないんだ」

    「競い合って向上してる感じが男らしい」(10代女性)など、スポーツや学業でライバル関係にある男友達について熱く語ることで、爽やかな友情を感じさせることができそうです。単に負けず嫌いと思われないよう、ライバルを尊敬する気持ちも併せて語るべきでしょう。

  • 【2】一緒に仕事をしたエピソードを語って「アイツは本当にスゴいやつだから」

    「お互いに認め合っている相手、という感じがしてイイ」(20代女性)など、仕事などにおける友達の実力を称えるセリフは、本人がいない場所で語ると説得力があるようです。具体的にどんな部分が優れているのか、わかりやすく要点を解説することが大切そうです。

  • 【3】男二人で飲みに行った話などを楽しげに語りながら「バカな奴なんだよ(笑)」

    「本当に仲良しなんだって気がする」(30代女性)など、遠慮の無い付き合いができる友達について軽口を叩くことで、男らしい豪快な友情を感じさせることができそうです。本気の悪口と思われないよう、笑顔で楽しそうに語ることがポイントでしょう。

  • 【4】友達の内面の魅力を称えて「男らしくて尊敬できる奴だよ」

    「見た目を褒めるのはチャラくて嫌」(10代女性)など、外見ではわからない男友達の良さを堂々と語ると、誠実な友情を感じさせることができるようです。どんな点が尊敬できるのか、具体的に語るとよいでしょう。

  • 【5】無条件の信頼を感じさせる「アイツが言うんだったら間違いないよ」

    「本当に仲間なんだなあと感心」(20代女性)など、男友達への絶対の信頼感をストレートに言葉にすることで、心から信じ合っている様子が伝わるようです。打算のない友情を感じさせるセリフだからこそ、女性を感心させるのかもしれません。

  • 【6】スポーツなど同じ趣味をもつ友達について「アイツはすごく上手いんだよ」

    「実力があるとか知識が豊富とか、さらっと褒められるのは男の世界」(20代女性)など、同じ趣味を持つ友達のすごさを客観的に称賛するセリフは、男らしい「ベタベタしていない友情」を感じさせるようです。純粋に能力を褒めることで、相手への敬意を感じさせられそうです。

  • 【7】友達の良くない評判を聞いて「シャイな男だから、わかってやってよ」

    「本人のいない所で友達を守れるって偉い」(20代女性)など、友達の悪評にさり気なくフォローを入れることで、男らしい「友達想い」をアピールできるようです。出しゃばった印象を与えないよう、控えめなセリフを選んだ方が好印象でしょう。

  • 【8】過去の苦労話を語りながら「アイツのおかげで助けられたんだ」

    「そんな過去があったんだ…と感動する」(20代女性)など、お互いに助け合ってきた思い出のエピソードを語ることで、簡単には壊れない骨太な絆をアピールできそうです。長い年月をかけて培った友情は、女性からも美しいと思ってもらえるはずです。

  • 【9】無口で愛想のない男友達について「実は優しくて頼りになる奴なんだよ」

    「深い付き合いなんだなーって思う」(20代女性)など、友達の意外な一面を褒めることで、男同士の深い友情を感じさせることができそうです。親しい友達だからこそ知っているエピソードを併せて語れば、より真実味が増しそうです。

「友達を褒める男性」に対する、女性の評価はなかなか良いようです。ただし、嘘っぽく感じさせるわざとらしい褒め方や、チャラチャラした印象のあざとい褒め方はNG。あくまでもさり気なく、爽やかなセリフを心がけたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計268名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock