「これって私、どう考えても本命の彼女じゃないよね…?」と彼氏の行動を不安に感じた瞬間9パターン


彼女のやさしさに甘えるうちに、いつの間にか身勝手な行動で彼女を「遊ばれているのでは」と不安にさせてしまうことがあるようです。では、どんな行動が彼女に「私って本命?」と疑問を感じさせてしまうのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の既婚女性393名に行ったアンケートを参考に「『これって私、どう考えても本命の彼女じゃないよね…?』と彼氏の行動を不安に感じた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】彼氏と会うときはいつも急な呼び出しばかりだったとき

    「しかも私のほうから会いに行ってばかり…」(30代女性)など、デートをきちんと計画してくれないパターンです。急な呼び出しは、女性側のスケジュールが狂うだけでなく、メイクやファッションの準備ができないため気分も乗らないようです。女性が楽しくデートするための気遣いを大切にしたいものです。

  • 【2】相手の都合を優先してばっかりで、自分の都合は無視されると気づいたとき

    「こっちが折れて調整したのに、そのデートをキャンセルされた」(20代女性)など、彼氏の都合で振り回されると、「軽く見られている」と感じる女性は多いようです。仕事や家庭の事情で彼女に迷惑をかけたら、お菓子のプチギフトなどで埋め合わせすることも大事かもしれません。

  • 【3】自分から連絡してもロクに返事がないとき

    「そのくせこちらがメールに即レスしないと文句を言う」(20代女性)など、彼氏の「話したいときだけ連絡する」というスタンスに怒りを感じる女性もいるようです。彼女から連絡があったときこそ、「自分が求められている瞬間」だと思って積極的に応じたいところです。

  • 【4】彼氏が言いたいことばかり話して、自分の話には上の空だったとき

    「私が話す間に、次に自分が話すことを考えてるっぽい…」(30代女性)など、会話のキャッチボールが成り立たない関係に、不信感を抱く女性もいるようです。彼女を大切に思うなら、ときには聞き役に徹して相手の話に耳を傾けることも必要でしょう。

  • 【5】彼氏が知り合いや友達に自分をいっさい紹介してくれないとき

    「交友関係がミステリアスすぎる男は絶対怪しい」(20代女性)など、彼女と二人でしか会いたがらない男性は、別に本命がいると疑われやすいようです。少なくとも一度は彼女をお披露目する機会を設けることが信頼につながるでしょう。

  • 【6】イチャイチャしたあと彼氏がすぐに帰ろうとしたとき

    「用が済んだらバイバイって、寂しすぎる」(30代女性)など、エッチをしたいだけだと思われるような行動は、女性を不安にさせるだけのようです。忙しい合間を縫って会いに行く場合、食事やお茶だけにすることも誠意を伝える方法のひとつかもしれません。

  • 【7】クリスマスやバレンタインに仕事を理由に会ってくれないとき

    「2度3度続くと、他に本命がいると思う」(20代女性)など、記念日を軽く扱う男性に疑いの目を向ける女性は多いようです。イベントをうやむやに流すことが一番怪しまれるので、当日都合がつかないなら後からでもプレゼントを渡し、きちんとフォローすべきでしょう。

  • 【8】デートらしいデートをしたことがなく、自分の部屋でしか会ってないとき

    「うちはホテルか…!」(20代女性)など、自分にとってラクな状態であっても、外で会うことがないと彼女が不満を感じているケースも。自宅デートに慣れすぎた男性は、改めて彼女に「今度何したい?」と希望を聞いてみることから始めたほうがいいでしょう。

  • 【9】男性から「お金を貸してほしい」と頼まれたとき

    「これはヤバイと思った…」(30代女性)など、男性からのお金に関する相談は、少額でも危機感をつのらせる女性が多いようです。彼女に心配をかけたくないのなら、基本的にお金の貸し借りはしないよう心がけたいところです。

仕事などを理由に自分の希望だけを通そうとすると、彼女に「大切にされていない」という不満をためこませてしまうようです。彼女から「大丈夫だよ」といったやさしい言葉をかけられても、そのやさしさに甘えず相手を思いやることが大切なのかもしれません。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計393名(20代、30代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock