女性が「一生の思い出!」と感動したデートの演出9パターン


ドラマのようなデートの演出は、女性なら誰しも一度は味わってみたいと憧れるもの。では、実際にどのような演出が女性たちの心をつかんで離さないのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に「女性が『一生の思い出!』と感動したデートの演出9パターン」を紹介します。

  • 【1】観覧車のてっぺんで初キスをした

    「少女マンガの世界みたいだった!」(10代女性)など、観覧車という2人きりの空間で初めてキスをするというシチュエーションに胸キュンする女性は多いようです。観覧車に乗る時間を、夕暮れなどロマンチックなタイミングにすると、女性の気持ちもより高まるかもしれません。

  • 【2】誕生日に三ツ星レストランやホテルのスイートなどで豪華にお祝いしてくれた

    「嬉しいことのフルコースだった!」(20代女性)というように、女性の夢を全部叶えるような演出に、男性の努力が感じられて嬉しいようです。ただし、お金をかけてもらったデートだけを喜ぶ女性はこの先もお金で愛情を測る可能性が高いので注意したいところです。

  • 【3】クリスマスにイルミネーションの中、サプライズプレゼントをくれた

    「感動しまくりで泣けた!!」(30代女性)など、ロマンチックな雰囲気の中でのサプライズに感激しまくるパターンです。時間やお金がなくてサプライズプレゼントが用意できない場合でも、気持ちをストレートに伝えるなど、女性の心を動かす方法はありそうです。

  • 【4】海外でホテルに着くとドレスが用意されていた

    「プリティーウーマンみたいだった」(30代女性)など、お姫様のような扱いを受けると、忘れられない思い出になるようです。「○○の最高にキレイな姿が見たくて」など彼女を心からもてなす言葉も添えると、より女性の心に深く刻まれるでしょう。

  • 【5】普段、なんでもないときに花束をくれた

    「普段から私を思ってくれているんだ…」(20代女性)というように、なんでもないときだからこそのプレゼントに、女性は愛情を感じるようです。「いつもありがとう」など感謝の気持ちを伝えると、女性は一緒にいる幸せをかみ締めてくれそうです。

  • 【6】突然、ヘリコプターで夜景散歩をプレゼントしてくれた

    「宝石のような夜景が二人だけのものみたいで感激した」(20代女性)など、普段味わえない異世界へ連れ出してくれる演出も、女性を感激させるようです。「○○の笑顔は夜景よりキレイだよ」など普段言えないキザな台詞も、非日常の世界なら照れずに言えるかもしれません。

  • 【7】普段料理ができない彼が頑張って、手料理を振舞ってくれた

    「その努力がうれしすぎ!」(30代女性)など、彼が自分のために必死になってくれることも、女性を喜ばせることができるようです。「○○のためなら何でもできる!」など彼女の存在があるからこそ頑張れることを告げると、彼女もあなたの支えになりたいと感激してくれそうです。

  • 【8】学生時代、自転車でいきあたりばったりの冒険をした

    「青春の忘れられない1コマ」(20代女性)などふたりでした小さな冒険が、かけがないのない大事な思い出だと身にしみる女性もいます。お金がなくて豪華な演出ができそうになくても、バスでぶらり旅をするなどいつもと違うデートを工夫してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】長年付き合っていた彼に、思い出の場所で数年後改めて告白をされた

    「覚えていてくれたなんて…感動」(30代女性)というように、彼との歴史を実感して改めて「大切な存在」と気づくケースです。普段から「ここ初デートの場所だね」など思い出を大切にしていることを彼女に伝えると、その愛の深さに女性がジンとしてくれそうです。

豪華なデート演出が必ずしも女性のハートをつかむとは限らないようです。記念日などの特別な日だけではなく、普段から気持ちを形にして表すことも愛情を深める上では必要なのかもしれません。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock