「話が長すぎる男性」に対し、女性が密かにくだしている辛口評価9パターン


説教くさい人をはじめ、やたらと話が長い男性ってけっこうたくさんいますよね? そういう男性が女性からどんな目で見られているかを知ると、みなさんも襟を正したくなるのではないでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性319名に行ったアンケートを参考に「『話が長すぎる男性』に対し、女性が密かにくだしている辛口評価」をご紹介します。

  • 【1】「頭が悪いのかな…」

    「要点を整理できないんですよ、きっと」(20代女性)など、長話は「話をまとめられない男」という印象を与えることもあるようです。話を始める前に、「言いたいことを一言で表現するとしたら?」と自分に問いかけてみると、要点が見えてくるかもしれません。

  • 【2】「自己顕示欲が強すぎる!」

    「出来る男アピールはもういいから…」(20代女性)というように、自己顕示欲の強さを感じ取られることもあるようです。一方的に話しがちなタイプの人は、途中で女性に意見を求めるなど、適度な会話のキャッチボールを心がけましょう。

  • 【3】「いつも寂しいんだろうな…」

    「家族に相手にされないため、部下に愚痴りまくる上司みたい」(20代女性)など、「ふだん話し相手がいない可哀想な人」というイメージを与えることもあるようです。ここぞとばかりに長くしゃべっていると、えもいわれぬ哀愁が漂ってしまうのかもしれません。

  • 【4】「空気がまったく読めない人だな」

    「しらけてるのに気づかないのがすごい」(20代女性)など、周りの見えてなさ加減が尋常じゃないと思われるケースです。突っ走って話しがちな人は、聞き手の相づちが少なくなってきたなど、退屈そうにしていないか確認するクセをつけたほうがよさそうです。

  • 【5】「ここまで要領が悪いと絶対仕事ができないわ」

    「『ほうれんそう』に時間が超かかりそう(苦笑)」(20代女性)など、「スピーディーに仕事をこなせない男」というレッテルを貼られるパターンです。何事もマイペースに進めないと気が済まないタイプの人は要注意です。

  • 【6】「友達になれないタイプ…」

    「イライラして絶対に気が合わない」(20代女性)など、女性が自分の話ができないため、一緒にいてストレスが溜まると思われてしまうケースです。ただし、話を聞くほうが好きな女性であれば、「友達になれない…」とまでは思われないので、女性が話すほうと聞くほう、どちらが好きか見極めるのも大切でしょう。

  • 【7】「理屈っぽくてうんざり」

    「聞いてて疲れるじゃないですか…」(20代女性)など、悪い意味で「男っぽい」と感じられることもあるようです。女性に「賢い」という印象を与えるには、論理立てて話すだけでなく、極力話をコンパクトにする工夫が必要でしょう。

  • 【8】「付き合っても私の話は聞かないんだろうな…」

    「全然明るくない未来が見えます(笑)」(20代女性)というように、恋人になった場合の微妙な関係性が想像できてガッカリされるパターンです。話が長いことによるイメージダウンをうまく回避するべく、「○○さんが相手だと話しやすいな」と言って女性を褒めてみるのはいかがでしょうか。

  • 【9】「自分に自信がないのかな!?」

    「口先で欠点をごまかそうとしてるみたい…」(20代女性)など、口達者な男性は、かえって自信がない男と見られるケースです。一生懸命話すことは大切ですが、それも度が過ぎると必死さが痛々しく見えるということを覚えておきたいところです。

自分の話ばかりを延々とする男を一言で言い表すとしたら、「要領の悪い自己中男」となりそうです。少しでも自覚のある人は、「俺って話が長くない?」や「自分の話ばかりゴメンネ」と謝ったりするなど、極力謙虚な姿勢を見せたほうがよさそうです。(BLOCKBUSTER)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計319名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock