女の子が「男性も気を使うべき」と考えている体の手入れ9パターン


「男だから」とボディケアを怠ると、それが女の子に嫌われる理由になる恐れも。せめて、女の子が気にするポイントだけでもおさえておきたいところです。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「『男性も気を使うべき』と考えている体の手入れ」を教えていただきました。

  • 【1】デートの雰囲気をぶち壊さないための「鼻毛カット」

    「チラチラ顔を出すので会話に集中できない」(20代女性)というように、女の子は男性の鼻毛が気になり、デートどころではなくなるようです。鏡でチェックしたからと安心せず、「出したら負け」の精神を持ち、専用カッターで根絶やしにするくらいのつもりで処理したほうがいいでしょう。

  • 【2】接近されても嫌な気がしない「体臭予防」

    「とくに汗をかく季節はキツイかも」(20代女性)というように、女の子は男性の汗の匂いに敏感と言えそうです。ただし、臭いをごまかすために香水をふると「においが混ざって最悪!」(20代女性)という声もあるので、まずは「体臭を断つ」ケアに注力しましょう。

  • 【3】キスのチャンスがいつきてもいいように「口臭予防」

    「タバコや食べ物の匂いは特に気になる」(20代女性)というように、息を嗅いだときゲンナリするので、しっかり口臭ケアしてほしいと願う女の子もいます。自覚しづらいものなので、「食後や喫煙後は必ず臭くなるもの」と肝に銘じて、歯磨き・うがいをこまめにしたほうがよさそうです。

  • 【4】清潔感が第一の「ヒゲの手入れ」

    「ぶっちゃけ無精ヒゲがオシャレだと思わない」(30代女性)というように、男性のヒゲはキチンと整えられているか、剃ってあったほうが好きという女の子もいるようです。またヒゲだけでなく、顔のうぶ毛が伸び放題になっている場合もあるので、あわせて手入れしましょう。

  • 【5】触れたくなる肌でいてほしい「にきびケア」

    「男前でもちょっと不潔に見えちゃう」(10代女性)というように、にきびがあると、女の子から「顔を洗っていないのでは…」と疑われることもあります。ていねいな洗顔はもちろん、脂っぽい食べ物を控えるなど、肌をキレイにする努力をしたほうがよさそうです。

  • 【6】少しの変化でグッと垢抜ける「眉毛の手入れ」

    「野放しだと野暮ったく見える。やりすぎは引く」(20代女性)というように、眉が全く手つかずだと、男性の魅力が半減するという女の子もいます。やり過ぎて細すぎる眉もNGなので、やり方が分からない場合は眉毛カットをしている美容室などで一度整えてもらうといいでしょう。

  • 【7】テカテカ・ギラギラを抑えてほしい「顔の脂とり」

    「見た目も臭いも無理」(20代女性)というように、たとえイケメンでも、皮脂の汚れは気持ち悪いという女の子も多いようです。デートの途中でもテカってきたら洗顔できるように、フェイスソープやタオルを携帯しておいたほうがいいかもしれません。

  • 【8】意外と目に留まる指だからこそ「爪の手入れ」

    「テーブルに手を置いたときに、気になって見ちゃう」(30代女性)というように、伸びた爪は見た目も嫌なら、触られた時に痛いので勘弁してほしいという意見がありました。ただし、「ネイルアートしてたりとか、やりすぎは引く」(20代女性)という意見もあるので、爪を短く切り、ヤスリで整えるくらいでよさそうです。

  • 【9】ボサボサよりサラサラなほうが爽やかな「髪の毛」

    「無頓着だと『ちゃんと洗ってるの…?』と疑う」(20代女性)というように、髪が伸ばしっぱなしだったり、寝癖がついたままだと、女の子は不潔な印象を受けるようです。頭皮を清潔に保つのはもちろん、どうしても時間がなくて寝癖を直せないときは帽子をかぶるなどの工夫も必要かもしれません。

ほかにも「男性も気を使うべき体の手入れ」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock