妻の「ワンパターン弁当」に飽きたことをうまく察してもらうための伝え方9パターン


せっかく毎日妻が作ってくれる愛情弁当なのに、最近マンネリ化してきて飽きてきた…。そんなとき、妻を怒らせることなく、お弁当のメニューを刷新してもらうためには、どのように伝えたらいいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「妻の『ワンパターン弁当』に飽きたことをうまく察してもらうための伝え方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「毎日ありがとう。でも…」と、感謝を伝えてから切り出す

    「『愛妻弁当を食べられる生活が夢だったんだ』って言われると、多少のワガママも笑顔で受け入れられる」(20代女性)というように、きちんと妻の毎日の労をねぎらえば、メニューの相談も快く許してくれそうです。間違っても、いきなり「でも、もう飽きた!」とバッサリ切り捨てるのはやめましょう。

  • 【2】「肉が多めだから、魚も食べたいな」と、食材を挙げてみる

    「『そろそろ旬だから、ブリもいいね』みたいに言ってくれたら、すぐ対応できるかも」(20代女性)というように、具体的な食材を伝えると、メニューに反映しやすいようです。「サイコロ肉がうまそうだったから…」と、自分で買って帰ってお願いする手もあります。

  • 【3】「和食が好きだから、弁当も和食だと嬉しいな」と、ジャンルをある程度絞る

    「『たまにはがっつり丼ものなんていいな』とリクエストされて腕によりをかけました」(20代女性)というように、メニューを考えやすいように、テーマを示してみるのもよいかもしれません。ちょっと工夫すればいいレベルなら、妻も面倒がらずに楽しんでくれそうです。

  • 【4】「この前作ってくれたピカタがうまかった」と、妻の得意メニューから指定する

    「『このコロッケうまいな! 今度、弁当にも入れてよ』と夕飯を褒められて、今ではわが家の定番弁当に」(20代女性)というように、妻が作ってくれる料理の中からリクエストするのもよさそうです。「また食べたいから」とお願いすれば、妻も悪い気はしないでしょう。

  • 【5】「今度はタルタルのかかった白身魚が食べたいな」と、具体的なメニューを伝える

    「『あんかけ肉団子ってうまいよな』と切り出されて、『作ろうか?』と反射的に答えちゃいました(笑)」(20代女性)というように、作ってほしいものを決めてから相談すれば、スムーズに行きそうです。ただし、手間のかかる料理は却下される可能性があるので、メニュー選びは慎重にしましょう。

  • 【6】「ねえ、こんなお弁当って作れるかな?」と、ネットや雑誌を見せる

    「『中華風ぶっかけ飯弁当ってうまそうじゃない?』と記事を見せられ、チャレンジ!」(30代女性)というように、レシピ付きなら、妻も「やってみようか」という気になるかもしれません。妻が引き受けてくれたら、「楽しみだなあ」と少し大げさに期待を示しておくとよさそうです。

  • 【7】「最近、同僚に弁当チェックされるんだよ」と、人の目があることを伝える

    「『人の弁当を毎回覗いてくるやつがいてさー』と言われて、『下手なものは作れないな』と奮起」(20代女性)というように、「注目されている」と思うと、気合の入る妻もいるようです。「『うまそうだなー』ってうらやましがられるんだ」など、妻を持ち上げておけば、さらなる力作を期待できそうです。

  • 【8】「毎日お弁当を開けるのを楽しみにしてるんだ」と、期待する気持ちを伝える

    「『お昼が待ち遠しいよ』と言われたのがうれしくて、工夫するようになりました」(20代女性)というように、心待ちにしている自分の様子を想像してもらうことで、いつも以上に手の込んだおかずを取り揃えてもらえるかもしれません。弁当に妻の愛を感じた日には、「今日の肉巻、最高だったよ」と感謝の気持ちを伝えることも忘れずに。

  • 【9】「最近メタボ気味だから、あっさりめがいいかも」と、健康対策をお願いする

    「『そろそろヘルシー志向でいかないとやばいかな』と相談されて、お弁当も改善」(30代女性)というように、夫の体のためとあらば、妻も喜んで協力してくれるでしょう。「でも、肉はガツガツ食べたい!」など、正反対の依頼をして、妻を困らせるのは控えましょう。

ほかにも、「こんなふうに伝えたらうまくいった」という言い回しがあれば教えてください。明日も愛情いっぱいのお弁当を作ってもらえるといいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock