いつもは男勝りな「バリキャリ女性」が、密かに同僚男性にしてほしいこと9パターン


仕事が好きで、仕事に燃える女性が現代には増えています。そんな「バリキャリ女性」ですが、がんばっているがゆえにたまに男性に甘えたくなる瞬間があるようです。今回は、20代から30代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「いつもは男勝りな『バリキャリ女性』が、密かに同僚男性にしてほしいこと」を紹介します。

  • 【1】ミスをして落ち込んだとき、「よしよし」となぐさめてほしい

    「自信をなくしたときこそホロリとくる」(20代女性)など、仕事を大切にしている女性だからこそ、失敗をしたときのショックも人一倍大きいようです。好意をよせている女性が上司に怒られていたら、あとで優しく声をかけてあげると2人の距離が縮まるでしょう。

  • 【2】深夜まで仕事に追われているとき、「ここで踏ん張れば差がつくから」と励ましてほしい

    「もうひとがんばりできるか迷っているときに言ってほしい」(20代女性)など、仕事を投げ出してしまいたいときに勇気づけてくれる言葉は、バリキャリ女性の胸に刺さるようです。気になる女性が納期前など繁忙期だとわかったら、励ましメールを送るとよいでしょう。

  • 【3】難しい試験に立ち向かわなくてはいけないとき、「がんばれ」と応援してほしい

    「そのひとことに救われる」(20代女性)など、ピンチなときに背中を押してくれるひとことは、バリキャリ女性にとって支えになるようです。好きな女性が試験にチャレンジするときは、さりげなく「がんばって」と伝えると好感度が上がるでしょう。

  • 【4】職場の人間関係に疲れたとき、「大変だったんだね」とただ話を聞いてほしい

    「『うんうん』と話を聞いてくれる同僚を、いつの間にか好きになっていた」(20代女性)など、精神的につらいときは、じっくり話を聞いてくれる男性に心が救われるバリキャリ女性も多いようです。仕事で悩みを抱えていそうな女性には「愚痴ならいつでも聞くよ」と声をかけてあげましょう。

  • 【5】休日返上で仕事が続いたとき、「無理しすぎるなよ」と言ってほしい

    「とにかく温かい言葉をかけてほしい」(30代女性)など、普段弱さを隠して仕事と格闘しているだけに、疲れがたまると思いやりのある言葉に癒されたくなる女性もいるようです。がんばり屋さんには、逆に「がんばりすぎるなよ」と声をかけると効果的でしょう。

  • 【6】案件の谷間ができたとき、「たまには飲んで息抜きしようぜ」と声をかけてほしい

    「タイミングよく飲みに付き合ってくれる後輩と、気づいたら付き合うことに…」(30代女性)など、忙しい女性にとって自分の都合に合わせて一緒に飲んでくれる男性は、貴重な存在のようです。彼女のストレス発散にとことん付き合ってあげると、距離がグンと縮まるでしょう。

  • 【7】仕事が山積みでテンパっているとき、「大丈夫だよ」と受けとめてほしい

    「何をどうすればいいかわからなくなり…。優しい言葉に涙が出た」(20代女性)など、一杯一杯になってしまったときに落ち着かせてくれる男性に、心打たれるバリキャリ女性もいるようです。「この部分手伝おうか?」と助け舟を出すと、親密度がさらに増すでしょう。

  • 【8】大きな仕事が終わったとき、「よくやったね」と称賛してほしい

    「ガマンした後は、ごほうび的に甘えたい」(30代女性)など、ほかを犠牲にして仕事をやり抜いたあと、成功を認められたいのは女性も男性と同じのようです。「すごいね」「がんばったね」という称賛の言葉が、彼女のハートをくすぐるでしょう。

  • 【9】がんばっても報われなくて心が折れそうなとき、言葉はなくてもただそばにいてほしい

    「ただ隣にいてほしい」(20代女性)など、普段は強気なバリキャリ女性といえど、弱っている日は誰かにそばにいてもらうだけで救われるようです。好きな女性が落ち込んでいたら、うまいなぐさめの言葉が思い浮かばなくても、ただそばにいてあげるだけでいいのかもしれません。

普段はストイックに仕事をする女性だからこそ、弱ったときは支えてほしいという願望があるようです。好きな人がバリキャリ女性の場合、彼女がほかの人には見せない「弱さ」を察してあげられる存在になると、彼女にとって「ずっとそばにいてほしい男性」になるでしょう。(水谷ともゑ)


【調査概要】
期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで
対象:合計500名(20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock