パパの出番!ママはウンザリでも息子は大喜びの絵本9パターン


絵本のセレクトは、教育熱心なママの好みに偏ってしまいがちなもの。子どもの視野を広げるためにも、ママが敬遠しそうな作品はパパが積極的に選びたいところです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ママはウンザリ、息子大喜びの絵本」をご紹介します。

  • 【1】いざというときのための『ドラゴン 飼い方 育て方』(原書房:作 ジョン・トプセル)

    空想の生き物である「竜」をペットとして飼っている気分になれる作品です。「移送方法まで書いてあるし、かなり凝った作りです」(30代男性)というように、中身は大真面目なので、お子さんの想像力がかき立てられるのは間違いないでしょう。

  • 【2】とびきりの一品を作ろう『どろだんご』(福音館書店:作 たなか よしゆき 絵 のさか ゆうさく)

    子どもが好きなどろだんごの作り方やどろ遊びについて描かれた一冊です。「僕も硬い団子作って自慢したりしていたなぁ」(30代男性)というように、読んでいて懐かしい気持ちになったら、一緒にピカピカの一品を作ってみるといいかもしれません。

  • 【3】マジメにおかしく『おしりをしりたい』(小学館:作 鈴木 のりたけ)

    「おしりおしり隊」がおしりの秘密を探るお話です。「ギャグ絵本かと思いきや、結構マジメなところもある」(30代男性)というように、下ネタっぽく面白がるだけでなく、子どもにおしりの知識を身に付けさせることもできるでしょう。

  • 【4】ママからの評価は賛否両論!? 『わるいことがしたい!』(講談社:作 沢木 耕太郎 絵 ミスミ ヨシコ)

    いたずら大好きな男の子が、家じゅうを散らかして大騒ぎする作品です。「あの沢木耕太郎さんの作品ということで興味を持ちました」(40代男性)というように、硬派なノンフィクションの書き手がどんなメッセージを子どもに伝えようとしているのかも、父親世代には興味深いでしょう。

  • 【5】ベートーベン似の主人公が…『べんとうべんたろう』(偕成社:作 中川 ひろたか 絵  酒井 絹恵)

    かの音楽家にそっくりな主人公の壮大すぎるお弁当作りを描いた作品です。「男子はいくつになってもこういうダジャレが好きなんだよ!」(40代男性)というように、年齢差を超えて一緒に爆笑し、楽しい時間を過ごせること受けあいの一冊でしょう。

  • 【6】話せるのはたった一言『うんちっち』(あすなろ書房:作 ステファニー・ブレイク)

    「うんちっち」しか言えないうさぎが、いろんな騒動を引き起こすナンセンス絵本です。「3歳の息子も、『うんちっち』としか応えなくなって妻が困惑…」(30代男性)というように、ツボにはまると口癖までうつってしまいそうな吸引力のある作品なので、童心にかえり、息子と一緒にゲラゲラと笑って楽しみましょう。

  • 【7】大迫力の格闘シーン『むしプロ』(教育画劇:作・絵 山本 考)

    昆虫界のツワモノたちが、プロレスをする作品です。「劇画風の絵がお気に入り。カブトムシとクワガタの戦いはやっぱり熱い!」(30代男性)というように「昆虫界最強を決める戦い」は、幼い息子だけでなく、父親の心も少年時代に引き戻してしまうようです。読後は同じ目線に立って、昆虫談義が始まることでしょう。

  • 【8】おならで一件落着!『おならくん』(自由国民社:作・絵 おなか さとし)

    服を着た「おならくん」が、くさいだけじゃないことを証明するシュールな一冊です。「バカバカしいけど、子どもウケは最高」(20代男性)というように、話の中に出てくるおならダンスを一緒に踊ってみるなど、不思議な世界に浸ってみるのもよさそうです。

  • 【9】パパは強くて、やさしいんだぞ!『おとうさんはウルトラマン』(学研:作・絵 宮西 達也)

    怪獣に強く、子どもに弱い「ウルトラマンパパ」が描かれた作品です。「自分にそっけない息子が、『パパってすごい』と尊敬してくれるようになった!」(30代男性)というように、わが子にも「うちのパパも仕事に一生懸命で子どもに甘い『優しくて強いパパ』だ」と気づいてもらえるでしょう。

下ネタやいたずら、ヒーローものなど、自分が幼少期に興味を持っていたテーマなら、きっと息子さんにも喜んで受け入れられるに違いありません。ただし、親の趣味を一方的に押し付けるのはよくないので、普段からお子さんがどんなことに興味を持っているのか関心を持ち、柔軟に絵本選びをしたいところです。(外山武史)