交際しようとしていた男性を急に嫌になってしまった理由9パターン


瞳がハートマークになるほどにトキめいていた男性なのに、「やっぱり勘違いだったかも」と一気に気持ちが冷めてしまう女性もいるようです。では、女性がまさに「女心と秋の空」になってしまうのはどのようなキッカケからなのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「交際しようとしていた男性を急に嫌になってしまった理由9パターン」を紹介します。

  • 【1】酒癖がすごく悪いと分かったとき

    「言葉遣いの悪さにびびった」(20代女性)など、くだをまく姿を見て「本性は怖い人なのでは」と女性が不安になるパターンです。酒にのまれてしまう自覚がある人は「楽しすぎてぶっ飛んじゃうかも…」などと事前に予告しておくと、悪いギャップが少しは減ってよいかもしれません。

  • 【2】食事できっちり割り勘にされたとき

    「お金にうるさそう…」(20代女性)など、1円単位までの割り勘は、「相当なケチ」というイメージをもたれやすいようです。どうしてもおごれない場合は、女性の負担を少なくするなど、気遣いを見せるだけでも印象は変わりそうです。

  • 【3】何のためらいもなく他の女性とも連絡を取っていると知ったとき

    「目の前で女性とメールされてショックだった」(10代女性)というように違う女性の存在を隠そうともしない男性は「つき合っても浮気しそうな遊び人」と映るようです。仕事などのメールでやむを得ない場合でも、デート中は「急ぎの仕事で…」と一言断るなど、誤解されない気遣いは必要かもしれません。

  • 【4】休日はパチンコや競馬などに行くギャンブラーだったとき

    「土日のデートが競馬でびっくり!」(20代女性)など、デートのときまでギャンブルに誘う男性の行動に「お金にだらしない人」と嫌気がさす女性は多いようです。「毎月1万円分だけと決めている」など、やみくもにお金をつぎ込むわけではないことを伝えると女性は安心するでしょう。

  • 【5】会話の内容がほぼ自慢話でプライドの高さを感じたとき

    「『だから?』という話題ばかりで退屈!」(30代女性)など、「俺すごいでしょ!」と言わんばかりの「俺サマ話」ばかりな男性だと女性は「つまらない奴!」と見限るようです。手前ミソな話は聞かれたら答える程度が女性には好印象に映るでしょう。

  • 【6】二人きりになると赤ちゃん口調になる甘えヤロウだったとき

    「子供かよ、とキモかった」(20代女性)など、甘えた男性の姿に「超マザコンかも」と疑う女性もいます。「母親が厳しくて甘え下手なんだ」など女性なら誰にでも甘えるわけではないことを伝えると、特別感に感激する女性は多いかもしれません。

  • 【7】食事中クチャクチャ食べるなどマナーのなさを感じたとき

    「一緒にいるだけで不快」(30代女性)というように、マナーのない行動は女性に「育ちが悪い」という印象を持たれるようです。「男だから許される」と匙を投げず、最低限のマナーは心得ておくほうが女性からの株は上がるでしょう。

  • 【8】なんでも言うことを聞いてくれる優しすぎる人だったとき

    「なんだかつまらない…」(20代女性)など、イエスマンになりすぎると女性から「意志のない人」と思われてしまうようです。たまには「俺の好きな場所に行こう」とリードすると、その男らしさに惚れぼれしてくれるかもしれません。

  • 【9】大人数で会ったら協調性がなく空気が読めない人だったとき

    「単なるイタい奴だった」(30代女性)など、男性の浮いた行動に「恥ずかしい人」というレッテルを貼ってしまう女性は多いようです。「自分の鈍感さに悩んでいる」など自覚があることを伝えておくだけで「不器用で素直な人かも」と女性の中の嫌なイメージが好印象に変わるかもしれません。

ほかにも「交際しようとしていた男性を急に嫌になった理由」はありますでしょうか。皆様のご意見を御待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock