「ただの男友達」が急にかっこよく見える瞬間9パターン


普段何の気なしに接していた男友達が急にキラキラ輝いて見え始め、新たな恋の予感に心をときめかす女性は多いようです。では、どのようなことがきっかけで男友達が彼氏候補にノミネートされるのでしょうか。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に「『ただの男友達』が急にかっこよく見える瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】仕事で必死に頑張っている姿を見たとき

    「真面目な姿にキュンときた」(20代女性)など、普段見ることのない男性の真剣な表情に男らしさを感じる女性は多いようです。仕事でもスポーツでも、何かに打ち込む姿は「ただの友だち」としか思っていなかった男性を別人のように輝いて見せるものなのでしょう。

  • 【2】普段はお調子者の人が真面目な顔をしているとき

    「こんな気迫のこもった顔もするんだなぁ」(20代女性)など、男性のギャップを目の当たりにして、心が引き寄せられてしまう女性もいるようです。普段能天気に見られがちな人ほど、好きな女性の前でふと真剣な表情をしてみると効果的かもしれません。

  • 【3】頭をナデナデされたとき

    「これだけで惚れる」(10代女性)など、やさしく頭を触るのは女性に男性の存在を意識させるテッパン行為のようです。ただし、あまりにもベタベタと触ると「気持ち悪い」と思われてしまう危険があるので気をつけたいところです。

  • 【4】ほかの女性と楽しそうに話しているのを見たとき

    「なぜか嫉妬心が芽生えてしまった」(20代女性)など、男性が違う女性と親しげなようすを見て、初めて好意に気づくケースです。好きな女性に誤解されたくない場合は「○○ちゃんには深い話ができる」など特別感を伝えておくと、恋のチャンスを逃さずに済みそうです。

  • 【5】高いところにある物を軽々と取ってくれたとき

    「背の高さにドキッとした…」(30代女性)など、男性の男らしさに触れ、急に異性として意識する女性は多いようです。「何でも言ってね」など女性が苦手なことをさっと助けてあげると、女友達から「こんな素敵な人だったなんて!」とキュンとしてもらえるかもしれません。

  • 【6】気づけば連絡を取り合う機会が増えたとき

    「毎日連絡しないと落ち着かなくて…」(10代女性)など、男性とのメールが習慣になっていることに気づいたとき、「無くてはならない存在」と認識する女性もいるようです。頻繁にメールしている女性で気になる子がいれば「俺たち付き合ってるみたいだね」など彼氏アピールしてみてはいかがでしょう。

  • 【7】風邪をひいたら、ものすごく心配してくれたとき

    「あんなに気にかけてくれるなんて…」(30代女性)というように、病気などで弱っているときほど、優しくしてくれる男性が突然王子様に変わることもあるようです。「風邪が治ったら美味しいものごちそうするよ」などデートに誘ってみると関係が前進するかもしれません。

  • 【8】他の人に「○○はすごいんだよ」など自分のことを褒めてくれたとき

    「その高評価に愛情を感じた」(30代女性)など、自分を応援してくれると気づいた瞬間、男友達が特別な存在に変わる女性もいます。「○○の夢ずっと応援してたよ」など以前から女性の頑張りを見守っていたことを告げると「この人のためにも頑張ろう」と女性にとって不可欠の存在になれるかもしれません。

  • 【9】「お前ってこうだよな」など自分のことを分かってくれていると感じたとき

    「私のことそんなに見てくれていたの!?」(20代女性)など、女性は自分の性格をよく理解してくれている男性に、自分への愛情を感じてキュンとするようです。さらに「お前のこと俺が一番分かっていると思うよ」などと心底受け入れていることをアピールすると、さらに感激してくれるかもしれません。

「男女間の友情は成立するか!?」は常に議論の的になりますが、友情は些細なことで恋愛感情へと変わりうるようです。好きな女友達には、つねに男性として見てもらえるような魅力的な行動を心がけておくとよいかもしれません。(富岡由郁子/Litofura)
Photo:All images by iStock