彼氏に対して「みっともないのでやめてほしい!」と思っていること9パターン


恋人に対して募る不満は、些細なことが発端だったりします。彼氏に対して「嫌だな」と思うことがあっても、ケンカになるのが嫌で黙っている女の子も少なくないかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに「彼氏に対して『みっともないのでやめてほしい!』と思っていること」を聞いてみました。

  • 【1】食事中にくちゃくちゃと音を立てて食べること

    「一緒にいて恥ずかしい」(20代女性)というように、彼氏がクチャクチャと音を立ててモノを食べるのが、生理的に嫌だという女の子は少なくありません。本人に自覚がない場合が多いので、自分は違うと思っても意識的に口を閉じて噛む習慣を身につけたいところです。

  • 【2】「ゴメン、怒ってる?」とすぐに聞いてくること

    「私にビビりすぎです」(30代女性)というように、人の顔色をうかがってばかりだと、彼女に男として頼りない印象を与えてしまうようです。彼女に愛されていると信じこめば、相手の小さな言動におびえて謝る必要がなくなるかもしれません。

  • 【3】電車に乗っているときに、必要以上に足を広げて座ること

    「ヤンキーみたい。他の乗客の目が痛い」(20代女性)というように、座席でのマナーが悪い彼氏を恥ずかしく思っている女の子もいます。足を広げてしまわぬよう、座るときは両膝をくっつけるクセをつけたいところです。

  • 【4】お金がないわけでもないのに、同じ服をずっと着続けていること

    「毛玉だらけの服はやめてください」(20代女性)というように、服が傷んでも気にせずにいる彼氏に対して、みすぼらしいのでやめてほしいと考えている女の子も。バリエーションが少ない場合は、デート用の服を彼女と一緒に選ぶなどしてパターンを増やすといいでしょう。

  • 【5】レストランなどの店員さんに対して上から目線で話すこと

    「客だからって偉ぶるのは、見ててイタい」(20代女性)というように、お店で高圧的な態度をとる彼氏のせいで、肩身が狭い思いをしている女の子もいるようです。慣れない店員さんをやさしくフォローするくらいの余裕を見せた方が、彼女に「一緒にいて誇らしい」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【6】寝癖をつけたまま会社や学校に行くこと

    「すぐ直せるのになぜ…?」(20代女性)というように、身なりを気にせず寝癖のまま外出する彼氏が理解できないという女の子も。周囲からだらしないと思われてはソンなので、朝が弱い人は寝る前に髪をしっかり乾かす、朝濡れたタオルを頭に被るなどの対策をとってみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「やんちゃしてます」という空気を出そうとしていること

    「不良がカッコいいなんて勘違い」(20代女性)というように、人前であえて悪ぶっている彼氏が痛々しくつらいという女の子も。モテるためにやんちゃを演じていると思われるのが嫌なら、自分に自信がなくても自然体でいたほうがいいでしょう。

  • 【8】おしぼりで顔や体を拭くこと

    「オジサンみたいなのでやめてほしいです」(20代女性)というように、飲食店のおしぼりで顔や体を拭いてしまう彼氏の無神経さが許せないという女の子もいます。食後に汚れたおしぼりを集めるお店の人のことを思いやれば、ワキまで拭く気が失せるかもしれません。

  • 【9】デート中、歩きながらのゴミのポイ捨て

    「歩きながら当たり前のように…ドン引きしました」(20代女性)というように、非常識な彼氏の行動に幻滅したことがあるという女の子も少なくありません。ゴミを捨てないのはもちろん、道路にツバを吐くことも嫌われる原因になるので控えましょう。

周囲の人への配慮が欠けた行動や、自分に自信がなさそうな言動を嫌う女の子が多いようです。反対に、いつも堂々としていて、関わる人全てに感謝の気持ちを持って接することができれば、「愛すべき彼氏」になれるのでしょう。すぐには難しいかもしれませんが、心がけだけは忘れずにいたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock