知り合ったばかりの女性に「関わりたくない!」と嫌われる行動9パターン


初対面の女性に、知り合って早々に嫌われては、せっかくの出会いも台無しです。では、女性はどんなときに、「もうこの男と関わりたくない!」と思うのでしょうか。今回はオトメスゴレンの女性読者へのアンケートを参考に、「知り合ったばかりの女性に『関わりたくない!』と嫌われる行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】仕事の愚痴ばかりしか話さない。

    「いつも愚痴を聞かされるんじゃないかとうんざりする」(20代女性)と、悪印象を抱くよう。もし、愚痴を言ってしまったら、「でも、今のプロジェクトは頑張っているんだよね」などと、仕事にやりがいを感じていることもアピールすると、好印象に変わるでしょう。

  • 【2】出会ってすぐに、電話番号やメールアドレスを聞いてくる。

    「軽すぎ! 誰にでもすぐ聞いているんじゃないかと思う」(10代女性)とのように、チャラ男と思われてしまう可能性大です。連絡先を聞きたい女性が現れても、すぐには聞かず、帰り際やみんなが交換するときなど、タイミングを見計らって聞くといいでしょう。

  • 【3】初対面で馴れ馴れしく「おまえ」と呼ばれる。

    「つきあっても名前ではなく、『おまえ』と呼ばれそうでイヤだし、会って早々は失礼!」(20代女性)と、戸惑う声もありました。きちんと名前を呼ぶか、また女性を名前で呼ぶのが恥ずかしい場合でも、あだ名などで呼ぶと印象がよくなるかもしれません。

  • 【4】「オレはこうだからさー」などと上から見下すような目線で話される。

    「どんだけあなたはエライんだ!!と感じる」(20代女性)とのように、自信過剰な態度にあきれるようです。自分の意見を話す場合は、「オレはこう思うんだけど、どうかな?」とまわりの反応や意見を聞きながら話すと、自分中心の会話にならずにすむでしょう。

  • 【5】友人や自分の元カノの悪口を言う。

    「まだ私との信頼関係があまりできていないときに、他の人の悪口を言うのは問題なのでは…」(20代女性)とのように、信用できない人と思ってしまうようです。初めて会う女性には、話題に困ったとしても、悪口を言うのはやめたほうがいいでしょう。

  • 【6】髪がボサボサなど、身だしなみがだらしない。

    「一緒にいると、自分まで清潔感がないと思われそう」(20代女性)と、近づくのをためらってしまうようです。普段から自分の身なりをおろそかにしがちな人は、合コンや大勢の人がいる場に行く際には、家を出る前に身だしなみをチェックする意識を持ちましょう。

  • 【7】過去に告白された人数など、聞いてもいない自慢話をしてくる。

    「ナルシストで他人に興味がない人だと思う」(30代女性)と、冷やかな意見が。初対面の女性には、自分をよく見せようと自慢話をすることがあるかもしれませんが、度がすぎると、一緒にいてもつまらないようです。女性の話にも耳を傾ける意識を持つといいでしょう。

  • 【8】やたらとスキンシップをしてくる。

    「体目当て?と感じてしまう」(20代女性)と、男性に対し、警戒心を強めるようです。スキンシップに関しては、女性から自然にされるのを待ちましょう。女性が、肩や頭を軽く触れてきたのなら、男性もその程度なら大丈夫と認識していいかもしれません。

  • 【9】「おデブちゃん」など、見た目のコンプレックスを笑いにする。

    「人が気にしていることを平気で口にできる人だと、会うたびにショックを受けそう」(10代女性)と、デリカシーのない態度に、次も会いたいと思わないようです。女性がコンプレックスに感じがちな見た目に関しては、あまり触れないほうが無難かもしれません。

他に、知り合ったばかりの女性に「もうこれ以上あなたと関わりたくない」と言われたことがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock