サンタはいないんだ…子どもをガッカリさせた聖夜の失敗談9パターン


イブの夜、サンタになるパパたちの誰もが「子どもの夢を壊したくない」と心から願っているはずです。そこで今回は、独自アンケートを参考に「『サンタはいない』と、わが子にバレてしまった父親の失敗談」と、同じ轍を踏まないための注意ポイントをご紹介します。

  • 【1】プレゼントを枕元に置こうとして目が合った

    「深夜1時、『もう寝ただろう』とドアを開けたら、娘が『どうしたの?』とムックリ!!」(30代男性)というように、油断していて子どもに見つかったことのある父親は多いようです。できるだけ気配を消して近づいて、万一見られたときは「いま、サンタが来たみたいだね!」と全力でごまかしましょう。

  • 【2】「朝から並んだんだぞ」と買ったときの苦労をウッカリ漏らしてしまった

    「『これ、どこでも売り切れなんだよ。サンタさん、すごい!』と喜ぶ息子に、思わず『一日中探し回ったよ』と言ったら、『パパが買ったの?』と泣き顔に(涙)」(30代男性)というように、余計な一言を後悔する父親も少なくありません。プレゼント購入の苦労話は、子どものいない場所で妻に聞いてもらいましょう。

  • 【3】包装紙のせいで、プレゼントを近所で買ったことがわかってしまった

    「『これ○○デパートの紙だ』と言われてギクッ! 必死で取り繕ったものの、『本当のことを言って!』と責められた」(40代男性)というように、ある程度の年齢になると、どこで買ってきたものか見抜かれる恐れがあります。クリスマス柄のラッピングセットを用意して、キレイに包み直すようにしましょう。

  • 【4】「本当はサンタなんていないんだよね」とカマをかけられて頷いてしまった

    「問い詰められて『実は…』と白状したら、息子がシュンとしてしまい、お通夜のようなイブになってしまった」(30代男性)というように、真実を明かすタイミングが早すぎて、子どもをガッカリさせてしまった人もいます。わが子の夢を守るには、何を言われても「サンタはいる!」と言い切る覚悟が必要でしょう。

  • 【5】上の子への口止めを忘れ、真相を告げられてしまった

    「『サンタはパパだよ!』と言う長男、『違う!』と怒る次男。どっちが間違いとは言えなくて困った」(40代男性)など、物心ついた兄や姉から、幼い子にサンタの正体をバラされる危険もあります。クリスマスを盛り上げるためには、上の子に「パパと一緒にサンタになって、弟を喜ばせよう」と根回しするのもいいでしょう。

  • 【6】隠しておいたプレゼントを発見された

    「クリスマスの朝、娘が浮かない顔で『コレ、ずっと押入れにあったやつだ』とボソッ。まさか気付かれていたとは!」(30代男性)というように、子どもは意外と目ざといものです。用意したプレゼントは絶対に手が届かない場所に隠し、見てもわからないような箱や袋でカモフラージュしましょう。

  • 【7】「サンタに送った手紙」の内容を知っているのがバレた

    「『嫌いなピーマン食べるってサンタに約束したでしょ』と娘に言ったら、『なんでパパが知ってるの』と不審がられた」(30代男性)というように、「子どもがサンタだけに教えたこと」を口にして、疑いを持たれることもあるでしょう。言動には十分注意しつつ、家にある手紙も見つからないよう、厳重に保管しましょう。

  • 【8】プレゼントの値札シールを剥がし忘れた

    「『袋の中に入ってた』と娘がレシートを渡してくれたときの、静かな声が忘れられない」(40代男性)というように、サンタの存在に疑念を抱かせてしまう証拠を見られると、言い逃れも難しくなってしまいます。プレゼントを渡す前に、買った店などの痕跡は、すべて取り外すようにしましょう。

  • 【9】「何がほしい?」としつこく聞き出そうとして疑われた

    「『何をお願いしたの?』と迫ったら、『どうしてパパが知りたいの?』と切り返された!」(30代男性)というように、サンタの正体を察し始めた子どもには、うかつな態度を取らないほうが無難でしょう。リクエストを秘密にしだす前から「サンタへの手紙は毎年書かせる」など、対策を練っておくといいかもしれません。

「サンタはいないんだ…」とわが子をガッカリさせないために、父親はほかにどんなことに気を付ければいいでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock