夫の実家に同居する嫁をムッとさせる『小姑の行動』9パターン


休みのたびに実家にやってくる夫の兄弟・姉妹は、同居する妻にとっては「赤の他人」。妻をつらい状況に追いやらないためにも、妻がストレスを感じる「小姑」の態度について知っておくとよいかもしれません。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「夫の実家に同居する嫁をムッとさせる『小姑の行動』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】毎週のようにアポなしでやってくる

    「週末になると当然のように現れるのにウンザリ」(20代女性)というように、実家だからと連絡もなしにやってくる小姑は多いようです。「正直、気疲れしてしんどい」と感じる妻のためにも、せめて頻度を少なくしてもらうなど、兄弟の立場からお願いしてみるのもよいでしょう。

  • 【2】社会人なのに、平気で両親からお小遣いをもらう

    「いい大人が、両親にお金をあげるのではなくもらうなんて、甘え過ぎでは?」(20代女性)というように、ちょっとしたお金のやり取りでも、妻たちはシビアに見ているものです。義父母に対しても、「生活費は入れてくれないのに実の娘には…」と不信感を抱く妻もいるので、「いい加減にしとけよ」と軽く釘を差しておきたいところです。

  • 【3】当たり前のような顔をして子どもを預けに来る

    「お義姉さんがしょっちゅう子どもたちを連れてくるので、わが家はまるで保育園…」(20代女性)というように、子どもを連れてきて放置する小姑もいるようです。「面倒見るのは結局私なのに!」と妻に負担をかけるのを防ぐためにも、「子どもを連れてくるなら面倒は見ろよ」とバシッと言っておきましょう。

  • 【4】何の遠慮もなく、家のパソコンを長時間占拠する

    「わが物顔でネットサーフィンしてるけど、そのパソコン、私のなんですけど!」(20代女性)というように、「実家のものだから」と妻のものを平然と使う小姑も迷惑がられているようです。アクセサリーを勝手につけるなど、度を越えた領域侵犯には、兄弟だからと遠慮せず、怒りをぶつけてみてもよいかもしれません。

  • 【5】母が注文する特上寿司を期待して、毎週のようにやって来る

    「普段はけちけちしてる義母が、実の娘の買い物には財布の紐がゆるくて腹が立つ」(20代女性)というように、「実の娘に甘い母」と「それを当然と甘える娘」に、苦々しい思いを抱いている妻は多いようです。あまり頻度が高いようなら、「母さんだってこれから物入りなんだから」と、母にも姉妹にも、苦言を呈しておきましょう。

  • 【6】買ってきた高級食材に「こんな(高級な)の食べたことないでしょ?」とひけらかす

    「『こんなかわいい服着せたことないでしょう?』と姪の服を見せびらかす様子に、心からの怒りを覚えました」(20代女性)というように、何かにつけて自慢が過ぎる小姑の存在は、妻のストレス源になりかねません。「自慢ならよそでやってくれ」といったん訪問を断るのもよいでしょう。

  • 【7】実家に来たら、だれかれかまわずとにかく愚痴を連発する

    「あれだけ人の悪口が続く人を初めて見ました」(20代女性)というように、妻でなくとも、ネガティブな話題だけを繰り返す訪問者を心から歓迎する人はいないでしょう。あまりに愚痴が続くようなら、明るく楽しいわが家の雰囲気を保つためにも、夫から「その辺にしといたら?」とストップをかけましょう。

  • 【8】ソファにどっかと腰を据えたまま、空いたお皿すら下げない

    「女が3人もいるのに、私の仕事だけが増えるのはなんで?!」(20代女性)というように、お客様気取りで家事を手伝わない姉や妹には、早めに釘を刺しておいたほうがよさそうです。妻をかばう態度だと、自分がいないところで攻撃されかねないので、あくまでも「手伝わないのはおかしい」と指摘するとよいでしょう。

  • 【9】自分の子どもだけを猫かわいがりで、こちらの子どもには目もくれない

    「お義姉さんが自分の子どもだけをあからさまにひいきするので、うちの子も『おばちゃん、嫌だ』とポツリ」(20代女性)というように、空気を読めない姉や妹の「バカ親」ぶりは、子どもたちにも悪い影響を与えそうです。姉や妹の子どもへの接し方が気になるときは、すかさず指摘できる態勢をとっておきましょう。

ほかにも「姉や妹のこんな態度で妻がブチ切れた」というポイントがあれば教えてください。夫のフォローで、同居妻のストレスを、少しでも軽くしてあげられるといいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock