食事デート中に幻滅した男性の行動9パターン


女性との距離を縮めようと誘った食事デートで幻滅をされてしまっては、恋愛も進展しません。では食事中、どんな行動をすると、女性に幻滅されるのでしょうか。そこで、今回はオトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に、「食事デート中に幻滅した男性の行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ケータイをテーブルの上に出したままにし、常に気にしている。

    「ケータイを気にされていると、一緒にいても楽しくないし、食事もおいしくなくなる」(10代女性)と、自分以外に気をとられていることを残念に思うようです。食事中でも、ケータイはポケットに入れておき、目の前にいる女性との会話に集中すると、女性に不快な思いをさせることがないでしょう。

  • 【2】正しく箸を持てない。

    「育ちが悪いのかと思う」(20代女性)と、親のしつけ方を疑う厳しい指摘も。他の人の箸遣いを見て、自分の持ち方がおかしいと感じたら、友達や親に正しい持ち方を聞いて、すぐに直すようにしましょう。

  • 【3】クチャクチャと音をたてて食べる。

    「不快すぎる!」(20代女性)との意見が。クチャクチャと音が聞こえると、料理もおいしく感じなくなるようです。不安な人は、食事中に、友達に音がなっているか聞いてみたり、食べるときに口を閉じて食べるように意識してみるといいかもしれません。

  • 【4】店員に横柄な態度をとる。

    「何様!?と思ってしまう。自分もいつかこんな態度をとられるのかと思うとイヤな気分になる」(20代女性)と、他人に対しての上から目線の態度に幻滅するようです。店員に丁寧に接すると、女性からの評価は高くなるでしょう。

  • 【5】ボロボロと食べ物を落として、行儀が悪い。

    「汚いし、落としたままにして帰るのはもっと最悪」(20代女性)と、非難の声が! ボロボロ落としながら食べるのは、幼稚すぎてあきれるようです。ピラフなど落としがちなものを食べる場合は、ゆっくりと口へ運んで、落とさないように十分に注意してください。

  • 【6】出てくる料理について、いちいち文句を言う。

    「調理をしている人に対して失礼!」(10代女性)と、文句を言う姿にガッカリするようです。料理がおいしくないと感じても、自分からケチをつけたりはせず、まずは女性から味についての感想を聞くと、幻滅されないですむでしょう。

  • 【7】食べ物の好き嫌いが多い。

    「この先、彼と過ごすときは、常に彼の好き嫌いを気にしないといけないのかと思ってしまう」(20代女性)と、将来のことを考えるとテンションが下がるようです。気になる女性の前では、好き嫌いがあっても、できる限りガマンして食べ、どうしても食べられないものだけ限定して食べ残すといいかもしれません。

  • 【8】合計金額を確認するために、伝票をチラチラ見て気にしている。

    「お金を気にしているのがわかると食べたいものも食べられない」(30代女性)と、食事の注文が遠慮がちになるようです。所持金が少ないときは、自分が出せる範囲の金額に応じてお店を選ぶと、お金を気にせず、女性と料理を楽しむことができるでしょう。

  • 【9】食事の後に平気でゲップをする。

    「最低! どんなにカッコイイ男でもさめる」(20代女性)と、マナーの悪さに女性はドン引きするよう。ゲップはガマンするか、どうしてもゲップがしたくなった場合は、お手洗いに行ってするなど、する場所に気を使うといいかもしれません。

他に、女性との食事中に「こんなことに幻滅された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock