「むっつりスケベな男だな」と思われる瞬間9パターン


女性の前でエッチなことを考えるときは細心の注意が必要です。女性に気づかれると、「むっつりスケベ」というレッテルを貼られて嫌われてしまうことも…。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「『むっつりスケベな男だな』と思われる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】自分からは下ネタを話さないのに、他人の会話に身を乗り出して聞いているとき

    「よく言えば可愛い。悪く言えば何を考えてるのかわからない」(10代女性)など、ハッキリしない態度のせいで怪しまれてしまうようです。ニヤニヤして聞いているだけではなく、過度な誤解を受けないように、ときには自分の意見を言いましょう。

  • 【2】「エロに興味はない!」と、ムキになって清純派をアピールしているとき

    「別にスケベでもおかしくないのに、必死に隠されると逆に怖い」(20代女性)など、極端な姿勢が不気味に見えるようです。下ネタへの興味を問われたら、落ち着いて「人並みだよ」と答えれば怪しまれずに済むでしょう。

  • 【3】腰を曲げて掃除しているときや物を取るときに場所移動して胸を見てくるとき

    「盗み見しようとしているのが怖い」(10代女性)など、コソコソした態度が怖いようです。「キモい!」と思われないためにも、たとえ偶然のハプニングでパンチラなどを目撃したとしてもニヤニヤしないように意識しましょう。

  • 【4】普段はさわやかキャラなのに、飲み会ではドエロに豹変するとき

    「本性を見た気分になる」(20代女性)など、普段と酒に酔ったときの、エロ度の振り幅が大きいとショックを受けるようです。信頼関係が築けていない女性と食事に行くときは、酔いに任せて下ネタを話すのは控えた方が良さそうです。

  • 【5】好きな女優やタレントが巨乳ばかりのとき

    「結局カラダが好きなの?と、信用できなくなる」(10代女性)など、嫌悪感を抱く女性もいるようです。「明るい笑顔を見ると元気になるから」とカラダ以外の魅力を語るなど、単なる巨乳好きだと思われないようにしましょう。

  • 【6】街で歩いてるときに通りすがったミニスカの女性を目で追っているとき

    「本能的にすごく女好きな人なんだと思うから」(20代女性)など、エロ人間疑惑をかけられるようです。「あの女の人、親戚に似てるから」と言うなど、ミニスカの女性を目で追ってしまったときは、あらかじめ言い訳を考えておきたいところです。

  • 【7】目線がよく胸元に定まっているとき

    「優しくされてもカラダ目的なのかなって思うから、恋愛対象にはならない」(10代女性)など、気持ちを疑われてしまうようです。「目を見て話すと照れるから、目線が下がるかも」とあらかじめ断っておくなど、無断で胸元を見るのは控えましょう。

  • 【8】「昨日は何してたの?」とプライベートをしつこく探ってくるとき

    「変にプライベートを詮索されると気持ち悪い」(20代女性)など、不気味な印象を与えてしまうようです。怪しい男として避けられる可能性もあるので、女性のリアクションが冷めていると感じたときはしつこく質問しないように心がけましょう。

  • 【9】会話中にさりげなくカラダに触ってくるとき

    「キモい! スケベオヤジ!」(10代女性)と、一刀両断されてしまう可能性があるので、むやみに女性のカラダに触るのは控えたいところです。さわやかさを意識しつつ、ボディータッチはある程度の信頼関係が築けてから行いましょう。

他には、どんな瞬間に「むっつりスケベな男だな」と思われるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock