女の子にいい加減な返事だと思われない「短い」LINE・メールの返信9パターン


女の子からのLINEやメールに短い返事で対応すると、やる気がないと思われてしまうものですが、短くても心証を損ねないこともあるようです。では、どんなメールだと女の子に好感を抱かれるのでしょうか。そこで今回は、「女の子にいい加減な返事だと思われない『短い』LINE・メールの返信」をご紹介します。

  • 【1】「わかりました( ^o^)/」など、ちょっとした絵文字や顔文字が入っている。

    「絵文字があると前向きにメールしてくれているように感じます」(20代女性)など、絵文字にはポジティブなメッセージが込められるようです。特に、普段多用しない人が絵文字を軽く添えると、「気を使ってくれているんだな」と、印象はかなり良くなるでしょう。

  • 【2】「会いたい」「楽しみ」など、感情が込められている。

    「自分を必要としてくれているんだな、と感じます」(20代女性)といったように、女の子との関係を肯定するような一言は喜ばれるようです。イベントやデートの予定を確認するときは、「了解」だけでなく、気持ちを伝える一言を添えると、女の子は大切に思われていると感じるでしょう。

  • 【3】「ありがとう」と、感謝の気持ちを表している。

    「お礼の一言があると、短くてもちゃんとしている感じがします」(10代女性)など、「ありがとう」の一言は丁寧な印象を与えるようです。大きな借りやお願い事がなくても、ちょっとしたことに感謝するだけで好感を得られるでしょう。

  • 【4】「スゴイじゃん!」など、驚きや感動がはっきり表されている。

    「わかりやすいリアクションがあると、より話しているような感覚になるので」(10代女性)など、反応をはっきり伝えることで、女の子もコミュニケーションがとれている実感を得られるようです。この場合、「どうすごいか」を具体的に述べるよりも、短い反応のほうがストレートに伝わるでしょう。

  • 【5】「元気が出た」など、メールのやりとりに意義を感じさせる一言が添えられている。

    「自分が何かの役に立てたようでうれしくなります」(20代女性)といったように、メールによって得られたものを明確に伝えることで、女の子もやりとりを有意義なものに感じるようです。「助かった」「落ち着いた」など、メールで自分がいかに救われたかをさらりとアピールできるといいでしょう。

  • 【6】「気配り上手」などの褒め言葉が含まれている。

    「単純にうれしくなってしまう」(30代女性)など、女の子も褒められると悪い気はしないようです。メールの内容や実際の言動などから、特に内面について好感を持ったポイントがあれば照れずに伝えるといいでしょう。

  • 【7】「がんばってるね!」と、女の子の状況を察する一言が添えられている。

    「よく見てくれている、認めてくれているなと感じます」(30代女性)など、メールの内容から状況を察した一言を送ると、女の子はうれしくなるようです。「今日も残業」といったグチっぽい内容のメールが来ても、面倒くさがらずに女の子の気持ちを察して励ますといいでしょう。

  • 【8】「おい、おいっ!」とつっこむなど、遊びを取り入れている。

    「メールのやりとりが楽しくなる」(10代女性)といったように、遊びの要素があれば短くても女の子は気にならないようです。「w」や顔文字を使うなど、たいして言うことがないときほど、ちょっとした言い回しを工夫するといいでしょう。

  • 【9】「○○ちゃんはどう?」など、相手の名前が含まれている。

    「自分の名前が入っていると少しドキッとするので」(20代女性)といったように、メールにおいても名前で呼びかけられると女の子はうれしくなるようです。照れずに名前を使ってみると、女の子に親近感を伝えることができるでしょう。

他にも女の子にいい加減な返事だと思われない「短い」LINE・メールの返信はあるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock