女性がつい保護してしまう「好きな人からのLINE・メール」9パターン


好きな人からのLINEやメールは嬉しいものですが、女性はどういった内容を保護したいと感じるのでしょうか?オトメスゴレン読者の女性に、好きな人からもらった保護したくなるLINE・メールについて聞いてみました。

  • 【1】誕生日を祝ってくれるメール

    「誕生日を覚えていていくれたことが嬉しいし、そのメールを打っている時間は私のことを考えてくれていたってことだから、保護るしかない!」(10代女性)など、誕生日おめでとうメールは多くの女性が保護するようです。意中の女性の誕生日には、忘れずにメールを送るようにしましょう。

  • 【2】「今日の髪型、かわいかったよ」など、褒めてくれたメール

    「やっぱり好きな人に褒められるとメチャクチャ嬉しいですから」(20代女性)など、お褒めメールを保護する女性が多いようです。髪型やメイク、服装など、女性の変化に気づいたら、すぐに指摘してあげると良さそうです。

  • 【3】「テストがんばって!」「元気出せよ」など、応援メール

    「ヘコんだときに、メールを見直すと元気になれるから」(20代女性)など、片想いの男性からの応援メールを保護する女性が多いようです。彼女の元気がなさそうなときなどに、メールを送ると好印象かもしれません。

  • 【4】「今日は楽しかった」「ちゃんと帰れた?」など、会った直後に送られてきたメール

    「心配してくれているのがわかって、嬉しくて保護る」(10代女性)、「彼に大事にされてることが実感できて嬉しいから、保護して寝る前などに読み返す」(20代女性)など、男性からの愛を噛み締める女性が多いようです。複数で遊んだ場合でも、解散直後にメールを送ると好意が伝わりやすそうです。

  • 【5】「今日具合悪そうだったけど、大丈夫?」など、お見舞いメール

    「弱っているときに好きな人から優しい言葉をかけられるとグッとくるので、ずっと取っておきたい」(20代女性)、「自分のことを気にかけて心配してくれるのが嬉しい」(30代女性)など、お見舞いメールを保護する女性がいるようです。気になる女性の体調が悪そうなときは、気遣いは怠らないようにしたほうが良さそうです。

  • 【6】「○○に行かない?」「今何してる?」など、彼発信の疑問形メール

    「いつも私発信のメールばかりですが、彼発のメールが来ると、私の一方的な想いじゃないことがわかって嬉しいので、絶対保護します」(20代女性)など、男性発信のメールを保護したいと思う女性が多いようです。ただし、1日にたくさんの疑問形メールを送りすぎるとうっとうしく感じる女性もいるので、気をつけましょう。

  • 【7】「○○ちゃんだけに教えてあげる」など、特別扱いメール

    「私にだけ、私のことだけを考えて送ってくれてると思うとたまらない気持ちになります」(20代女性)など、特別扱いメールは保護の対象になるようです。悩み相談などで、女性は「2人だけの秘密ね」などと言われるのも好む可能性が高いので、使ってみるといいかもしれません。

  • 【8】「俺は会いたいけど?」など、会いたいメール

    「私のことを恋愛対象として見てくれている気がして嬉しすぎる!保護しちゃいます!」(10代女性)など、ストレートな会いたいメールを保護したいと思う女性がいるようです。「遊びたいけど忙しいでしょ?」など様子をうかがうような女性からのメールには、「でも会いたい」などと返信すると良いかもしれません。

  • 【9】文中に、自分の名前が入っているメール

    「何気ないメールの中にでも自分の名前が入ってると、限定感があってキュンとするから」(20代女性)など、名前に反応して保護したくなる女性がいるようです。ただし、そこまで親密ではない女性をメールで呼び捨てにしたりすると、嫌悪感を抱かれるかもしれないので気をつけましょう。

他にはどのようなLINE・メールが女性に保護されているのでしょうか? 今回ご紹介した中に、送ったことがあるメールはありましたか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock