女性が気になる男性に送っている「もっと積極的にアプローチして!」というサイン9パターン


いくら女性が積極的になったご時世とはいえ、やはり多くの女性は気になる男性からアプローチをしてほしいもの。しかし男性は女性のサインに気づかず…。そこで「気になる男性に対して、どのような行動や仕草で『もっと積極的にアプローチして!』とサインを送っていますか?」というテーマでオトメスゴレンの女性読者にご意見を募りました。

  • 【1】近づいて彼に興味のあるフリをしてたくさん話しかける。

    「フリというか実際に興味はあるんですけど、とにかくわかりやすいのが一番」(20代女性)というようにたくさん話しかけるというパターンです。しかし単に「話しやすいから」「キャラとして面白いから」という可能性もあるので注意が必要です。

  • 【2】他の男性より顔を近づけて話す。

    「相手のことが嫌いだったら顔を近づけられません」(20代女性)というように、他の男性より明らかに顔を近づけて話すパターンです。特に飲み会の席などでの耳打ちなどは脈アリかもしれません。もちろん単に他人との距離が近い人もいますので観察が大切です。

  • 【3】「今度誘ってくださいよー」などとこちらからアピールする。

    「何回言っても誘ってくれなかったら見込みなしだからわかりやすい」(20代女性)というように、デートとまで言わなくとも食事や映画などに誘ってくださいと女性からお願いするパターンです。これほどまでにわかりやすいアピールもありませんが、なかには社交辞令で誰にでも言う女性がいるので注意しましょう。

  • 【4】大勢でいるときも何度も視線を送る。

    「常に視線を送って、何度も目が合うと絶対に意識してくれる」(10代女性)というように、大勢の場でも何度も視線を送るパターンです。ただし、周囲を気にするあまりいろんな人に視線を送ってしまう女性もいますので、周りの男性にも「あの子とよく目が合うんだけど?」とヒアリングしてみるのもよいでしょう。

  • 【5】肩をポンと叩いたり、服の袖を引くなどボディタッチを増やす。

    「さりげなくボディタッチを増やして気づいてもらいます」(20代女性)というように、軽い接触を増やしてアプローチを待つパターンです。なかには体を密着させるというツワモノもいました。これもまた普段から他人との距離が近い女性もいますので、他の男性との距離感をチェックしておいた方がよいでしょう。

  • 【6】わざと他の男性と話をしたり、他の男性から誘われた話をする。

    「うかうかしてると他の男に取られちゃうって思わせると、消極的な男性でも必ずっていいほどアクションを起こします。これで引き下がったら男とみなさない」(20代女性)というように、あえて他の男性の影をちらつかせてアプローチを待つパターンです。「これにまんまと乗るのもカッコ悪いな」と思わず、積極的にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「情熱的なアピールに弱くて」など話の流れで押しに弱いことをアピールする。

    「あまり言い過ぎると『軽い女だ』と思われるんですけど、あえて攻略法を教えてあげます」(30代女性)というように、押しの弱さをアピールするパターンです。誰にでもそう言っている場合はさすがに脈ナシですが、あなただけに打ち明けているのなら、アプローチしてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「芸能人なら●●が好き」など好みのタイプということを遠回しに伝える。

    「できるだけ相手に似た有名人を挙げて、『そういえば似てるよね』なんてわざとらしく言ったりします」(10代女性)というように、遠回しに好みのタイプだと伝えるパターンです。「俺は●●の代わりじゃない!」などと腐らずに、素直にアプローチした方がよいでしょう。

  • 【9】「全然恋がないんですよ」など相談事をもちかける。

    「相談事や秘密を共有するのは仲良くする口実だったりします」(20代女性)というように、女性から相談事をもちかけて好意を伝えるパターンです。ただし相談内容があまりにシリアスすぎる場合は、あなたのことを「お兄ちゃんみたい」「お父さんみたい」と頼っているだけの場合もあります。

他に、「女性が気になる男性に送っている『もっと積極的にアプローチして!』というサイン」にはどんなものがあると思いますか。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock