遠距離恋愛中の彼女が胸キュンするメール9パターン


遠距離恋愛をしていると、相手の想いがわからなくて不安になることがあるかもしれません。では、どんなメールを送れば、彼女に自分の気持ちを伝えることができ、喜ばせることができるのでしょうか? 遠距離恋愛経験者のオトメスゴレン読者の意見を参考に、胸キュンメールを紹介させていただきます。

  • 【1】「会いたい」「寂しい」など、素直な気持ちが書かれたメール

    「一言だけだけど、胸に響きます!」(10代女性)、「『会いたい』の一言に、いろんな想いが込められているのがわかって、胸が締め付けられる」(20代女性)など、簡潔な一言が女性の胸に刺さるようです。絵文字や顔文字を入れないほうが、切実な想いが伝わりやすいかもしれません。

  • 【2】「会える日まであと○日だね」など、次に会える日を心待ちにしているメール

    「彼も私に会いたかったんだなぁと思えるし、会えない間、ずっと想ってくれていたことが伝わってくる」(20代女性)など、女性の心が温かくなるようです。会える1カ月前ぐらいから毎日カウントダウンメールを送ると有難みが薄れる可能性があるので、1週間前ぐらいから送るのが無難でしょう。

  • 【3】「心はつながってるよ」など、会えなくても想ってくれているとわかるメール

    「不安なときに『心はつながってる』って言ってもらえると、一気に安心できる」(20代女性)など、女性が抱いている会えない不安を解消してくれるようです。ただし、同じような内容のメールを毎日送っていると信用度が薄れるので、ほどほどにしておきましょう。

  • 【4】「次は○○したいね」など、次に会うときにやりたいことが書かれているメール

    「私に会うのをすごく楽しみにしてくれているのがわかって、単純に嬉しいです」(20代女性)など、ふたりの今後についてしっかり考えてくれていることがわかると、女性はキュンとするようです。口約束でなく、ちゃんと実現させましょう。

  • 【5】「早くお前の顔が見たい」など、男性の寂しさが伝わるメール

    「普段は絶対こんなこと言わない彼が送ってくると、切実な寂しさが伝わってきてこっちも胸がキュンとなる!」(10代女性)など、切羽詰まった想いが伝わってくると、女性は感動するようです。素直に自分の気持ちを言えない男性も、ときにはこんなメールを送ってみると良いでしょう。

  • 【6】「毎日お前のことしか考えていない」など、ウソでも嬉しいことが書かれているメール

    「クサい文句だけど、すごい嬉しい!」(10代女性)、「私のことを本当に想ってくれている感じがして、超会いたくなる!!」(20代女性)など、口では言えないようなキザなセリフに弱い女性が多いようです。ちょっと大げさに彼女への想いを表現してみても良いかもしれません。

  • 【7】「いますぐ抱きしめたい!」など、胸キュン必至のメール

    「『会いたい』と言われるよりも、本当に私に会いたいって思われているような気がする」(20代女性)、「彼にギュッてされている自分を想像して、胸が熱くなります」(20代女性)など、積極的な文句に胸キュンするようです。

  • 【8】「おまえが家に着くまで不安で眠れない」など、離れていても女の子扱いしてくれるメール

    「近くにはいてくれないけど、彼に守られている感じがして嬉しい」(20代女性)など、彼が心配している姿が想像できて、想われている実感が湧く女性がいるようです。ただし、ほんの些細なことにまで心配してメールをしすぎると、うざったく感じる女性もいるので、気をつけましょう。

  • 【9】「元気なさそうだけど、なんかあった?」など、状況を察するメール

    「やっぱり彼は、離れていても私のことをわかってくれているんだなぁと思って、泣けてきちゃう…」(20代女性)など、感動を覚える女性がいるようです。会えないからこそ、彼女の話をしっかり聞いてあげたほうが良いでしょう。

シンプルな文章で、想いが伝わってくるメールに女性は胸をときめかせるようです。皆さんのご意見をお待ちしております。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock