彼女に「そんな言い訳、ズルイ!」と思われてしまう別れの言葉9パターン


どんなに楽しかった交際でも、ある日突然終わりが訪れることも。そして、別れのときの記憶は、交際の締めくくりとして、かなり強い印象を残すようです。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「彼女に『そんな言い訳、ズルイ!』と思われてしまう別れの言葉」をご紹介します。

  • 【1】「新しい彼女ができたんだ」

    「別れてから付き合うのがせめてものマナー。浮気と同じじゃない?」(20代女性)と激怒する女性多数。女性は、誠意のない男性の態度が許せないようです。もしそういうことになったとしても「好きな人ができた」と言い、すでに交際が始まっていることは伏せたほうがいいでしょう。

  • 【2】「別れるのはお前のためだから」

    「キレイごと言わないでよ!」(20代女性)など、女性ウケは最悪。相手に悪く思われたくないという態度が見え見えで腹が立つのだと考えられます。その場は多少恨まれてでも、交際を続けるのが難しい本当の理由を言ったほうがいいでしょう。

  • 【3】「やっぱり元カノが忘れられない」

    「そんなこと言うならはじめから付き合うな!」(20代女性)と怒る女性多数。交際中も元カノを思っていたのかと思うと、交際すべてが否定されたように感じるのでしょう。女性への気づかいとして、元カノとヨリを戻すとしても数カ月の間隔はあけたほうが無難です。

  • 【4】「付き合わなきゃよかったね」

    「ひどすぎる! 全否定ってどういうこと?」(20代女性)というように、楽しい思い出も台無しにする一言と言えそうです。結果的に別れることになっても、交際そのものがお互いにとってムダとは限りません。女性の気持ちも考えて、交際していた時間のすべてを否定する発言は控えましょう。

  • 【5】「お母さんが反対しているから」

    「マザコン! 自分の意見はないの?」(20代女性)とバッサリ斬る女性も。交際はふたりの問題なのに、いい大人が母親の助言を鵜呑みにする態度が信じられないのでしょう。もし本当にそれが原因なのであれば、別れを切り出す前に自分の本音を見つめ直してはどうでしょうか。

  • 【6】「別れても友達でいようね」

    「なに『いい人』になろうとしてるわけ?」(20代女性)とブーイングの嵐。結果的に友達でいられるケースもありますが、別れを切り出す側からそれを言い出すのはちょっと図々しいかもしれません。本当に友達でいたいなら、まずは精一杯の誠意を態度で示してはどうでしょうか。

  • 【7】「好きだけど別れよう」

    「意味がわからない。未練が残るからやめてほしい」(20代女性)などの訴えが届いています。「好きだ」などと言われると、諦めがつかなくなりそうでイヤなのでしょう。女性がスムーズに次の恋に向かえるよう、もう気持ちがないことをはっきりと伝えましょう。

  • 【8】「ちょっと距離を置きたい」

    「自然消滅を狙ってるとしか思えない」(20代女性)と、不満の声が届いています。別れ話を先延ばしするような行為は、ある意味生殺しのようなもの。別れの意思があるなら、男らしくはっきりと切り出しましょう。

  • 【9】「勉強(仕事)に集中したいんだ」

    「恋と仕事は別。言い訳にするな!」(20代女性)などのご意見多数。本音を言わない男性に、腹を立てる女性は多いようです。別れの理由は、傷つけない程度に本音で話し合ったほうがお互いのためになるのではないでしょうか。

できればお互いにわだかまりが残らないような別れにしたいものです。ほかにも「こんな別れ方をして恨まれた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock