女の子が「恋人か友達かハッキリしてほしい」と感じる瞬間9パターン


恋人なのか、それとも友達なのか分からない…煮え切らない態度をとっていると、女の子の方から見切りをつけられてしまうかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、どんなときに「恋人か友達かハッキリしてほしい」と感じるのか教えていただきました。

  • 【1】3回以上デートしているのに、とくに進展がないとき。

    「告白されるわけでもなく、どんなつもりかわからない。」(20代女性)のように、デートを重ねているのに進展がないとき、告白を待っている女の子は不安になってしまうようです。「好き」と言葉で伝えるまでは、女の子は安心してくれないでしょう。

  • 【2】頻繁にメールを送られてきたり、電話がかかってきたりすると感じたとき。

    「友達にしては仲が良すぎる気がする…。」(20代女性)のように、毎日のように連絡を取り合っていると、相手の気持ちが分からなくなるようです。関係をハッキリしないままだと、女の子は次第に連絡するのが面倒になってしまうかもしれません。

  • 【3】「かわいいね」とか「その服似合うよ」とか、恋人のような褒め方をしてきたとき。

    「嬉しいけど、なんなの急に…と思う。」(30代女性)のように、恋人のような褒め方をされ、戸惑う女の子もいます。遠回しに好意を伝えているのかもしれませんが、女の子は混乱することが多いようです。

  • 【4】他の予定があったのに、女の子から誘った約束を優先してくれたとき。

    「友達だったのにキュンとしてしまった。」(30代女性)のように、自分を優先してくれた男性を意識する女の子もいます。ただし、なぜ女の子との予定を優先したのか理由を話さないと、「どう思っているのかハッキリして!」と思われる恐れがあります。

  • 【5】付き合ってもいないのに、プレゼントをくれたとき。

    「嬉しいけど、恋人でもないのにもらっていいのかな?」(20代女性)のように、恋人以外からのプレゼントも女の子にとって複雑なようです。プレゼントをあげるタイミングで勇気を持って告白してみてはいかがでしょうか。

  • 【6】いつも何人かで遊んでいたのに、急に2人で遊ぼうと言われたとき。

    「友達だし、2人で会えないわけではないんだけど…。」(10代女性)のように、男友達に2人で遊ぼうと誘われて困惑する女の子もいます。一緒に遊びに行ったときに気持ちを伝えないと、女の子は男性の気持ちが分からず、対応に困ってしまうでしょう。

  • 【7】手を繋ぐ、腰に手を回すなどのスキンシップをされたとき。

    「キープしているだけかな…と不安になる。」(20代女性)のように、付き合う前のスキンシップに戸惑う女の子もいます。何も言わないまま続けると「都合のいい女」にしようとしていると誤解されてしまうかもしれません。

  • 【8】友達同士何人かで集まっているとき、何回もじっと見つめられたとき。

    「みんなと一緒のときに熱い視線を感じると、もしや…と思う。」(10代女性)のように、なぜ何度もじっと見つめてくるのかが分からないという女の子もいます。見つめるだけでは気持ちはキチンと伝わらないので、言葉で伝えるようにしましょう。

  • 【9】「会いたい」って言われたのに、好きな子がいると言われたとき。

    「好きな子がいるのに、会いたいとか意味が分からない。」(10代女性)のように、誰が好きかを言わずに、会いたいとだけ言われて困惑する女の子もいます。「まずは誰が好きなのかをハッキリしてよ!」というのが女の子の本音のようです。

他にはどんなときに「恋人か友達かハッキリしてほしい」と思われてしまうのでしょうか。ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock