合コンにおいて、印象に残る自己紹介9パターン


合コンにおいて、自己紹介は自分のキャラを伝えるための大事な儀式です。ここで良い印象を残すと、その後の会話もスムーズになるのではないでしょうか。そこで今回は「合コンにおいて、印象に残る自己紹介9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「◯◯さんのお友達の××です。どうぞよろしくお願いします」と礼儀正しく話す。

    「気張らずに自己紹介する姿が好印象」(20代女性)など、礼儀正しい自己紹介を好む女の子もいるようです。ただし、表情がカタいと女の子を緊張させてしまう恐れもあるので、礼儀正しくハツラツとした雰囲気を出すのが良いでしょう。

  • 【2】星座と血液型を言い、「◯◯座の△型とは相性が良いです!」と添える。

    「イメージが湧きやすいから」(20代女性)というように、星座や血液型などが男性を覚えるのに便利と考える女の子もいるようです。自分と相性の良い星座&血液型という情報も盛り込めば、自己紹介をさらに盛り上げられるでしょう。

  • 【3】「◯◯と呼んでください!」とニックネームを教える。

    「面白くて呼びやすいあだ名だとすぐ覚える」(20代女性)など、親近感のあるニックネームを伝えると女の子に覚えてもらいやすくなるようです。あだ名がない人は、女の子に相談してあだ名をつけてもらうと場が盛り上がるでしょう。

  • 【4】「料理が得意な◯◯です」と特技をアピールする。

    「あとで話題にしやすいから」(20代女性)というように、特技のアピールはそのあとの会話を弾ませるので、女の子に安心感を与えるようです。誰もが感心するような特技がない人は、「マンガを早く読めるのが特技!」というように、趣味的な内容をアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「未来を自力で切り開くという意味で『未来』と…」と名前の由来を説明する。

    「名前の由来を説明されると漢字が頭に入ってきて印象に残りやすい」(20代女性)というように、呼び名と名前の漢字がセットだと覚えやすいと感じる女の子もいるようです。あだ名でなく、名前で呼んでもらいたいときに有効な方法でしょう。

  • 【6】「よく言えば◯◯、悪く言えば××です」と似ている有名人を複数挙げる。

    似ている有名人が分かると、親近感を覚える女の子もいるようです。その際、言われて嬉しい有名人とそうでない人の両方を挙げれば、自信家ともひねくれ者とも思われず、女の子に絡みやすい人だと思われるでしょう。

  • 【7】旬のモノマネをした後、「普段はマジメな◯◯です」とギャップを見せる。

    「モノマネは似てなくても楽しいし、似てたらさらに印象に残る」(20代女性)というように、自己紹介でモノマネをするのは効果的のようです。モノマネを終えたあとに礼儀正しい面を見せたりすると、そのギャップでさらに女の子の印象は深まるでしょう。

  • 【8】「名前と趣味と好みのタイプは必須で!」とルールを作ってから自己紹介する。

    全体的に緊張しがちな自己紹介の場で誰もが話しやすくなるようなルールを決めると、周りに対する気遣いのできる男性として女の子の印象に残るようです。その際、趣味や異性のタイプなど、参加者が知りたくなるような話題をルールとして盛り込むと場が盛り上がるでしょう。

  • 【9】名乗ったあと、「女の子からの質問を受け付けます!」と言う。

    女の子もまじえて自己紹介を盛り上げるパターンです。女の子から質問してもらうようにすれば、女の子にとって興味のあることのみを伝えられます。2、3個の質問を受けたあと、「続きはあとでね」と言えば、自分だけ自己紹介に長時間費やすこともなくなるでしょう。

他に女の子の印象に残る自己紹介の方法はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock