初対面の女性に、彼氏の有無を自然に聞き出せるシチュエーション9パターン


気になる女性ができたら、彼氏の有無を確かめたくなるものです。できれば自然な形で聞けるのがベストですが、どんなシチュエーションで彼氏の有無を聞けばナチュラルなのでしょうか? オトメスゴレン読者のアンケート結果をもとにご紹介させていただきます。

  • 【1】「そういえば…彼氏いるの?」のように、さらりと話題を変えてストレートに聞く。

    「下手に遠まわしに聞かれるより、ストレートに質問されたほうが答えやすい」(20代女性)のように、回りくどく聞かれるよりも単刀直入に聞かれることを好む女性が多いようです。ただし、彼氏の有無はプライベートな話題なので、ある程度親しくなってから聞いたほうが良いでしょう。

  • 【2】恋愛話の最中にさりげなく聞く。

    「恋バナ中に聞かれれば話の流れとして自然」(20代女性)、「その場の雰囲気でサラッと答えられる」(10代女性)など、恋愛系の話題のついでならナチュラルなようです。ただし彼氏の有無を聞き出すために、むりやり話題を恋愛系にふっていると思われないように注意しましょう。

  • 【3】「○と△が付き合っているらしい。□ちゃんは彼氏いないの?」など、恋愛系のうわさ話の延長線上で聞く。

    「話のついでな感じがするし、身構えないで答えられそう」(10代女性)、「あまり下心を感じない」(20代女性)など、心置きなく話せるケースが少なくないようです。このとき、改まった感じでなく、「ついでに聞くけど…」のような雰囲気を出せるようにしましょう。

  • 【4】飲み会などで、くだけた感じでゆっくり話ができているときに聞く。

    「お酒の力を借りれば、自然に答えられる」(20代女性)、「冗談で聞いてるのかと思って、気兼ねなく答えられる」(30代女性)など、本気度が薄れるので気楽に答えられる女性が多いようです。ただし、しつこく聞くと嫌がる女性もいるので、気をつけましょう。

  • 【5】「週末は彼氏とデート?」など彼氏がいることを前提に話を進めて、さりげなく聞く。

    「改まって『彼氏いるの?』と聞かれるよりもイイ」(20代女性)、「『いや、彼氏いないから(笑)!』とか、自然な感じで会話になる」(20代女性)など、上手い聞き方だと感じる女性が多い様子。がっついていない感じを与えるのも好印象のようです。

  • 【6】自己紹介をするタイミングで聞く。

    「自己紹介時に聞いてくれれば、不信な感じはしないと思います」(10代女性)など、プロフィールの一部として聞かれれば抵抗を感じないようです。ただし、「なんでいないの?」「いない歴どれぐらい?」など、最初からツッコミすぎるとうっとうしく感じる女性もいるのでほどほどにしておいたほうが良いでしょう。

  • 【7】共通の友人カップルの話題が出たついでに「彼氏とかいないの?」などと聞く。

    「会話の流れとしては不自然じゃないし、話の主題が私ではないので変ながっつき感がない」(30代女性)など、警戒することなく答えられるようです。このとき、自分の彼女の有無を先に言ったほうが、相手はより答えやすくなるでしょう。

  • 【8】周りにいる女性に順番に彼氏の有無を聞き、その流れで本命女性にも「○ちゃんは(彼氏)いるの?」と聞く。

    「みんなに聞いているから、不信感は持ちません」(20代女性)など、嫌な感じがすることなく答えられるようです。ただし、このような話題は「またか…」とウンザリされることも少なくないので、質問するタイミングなどには気をつけましょう。

  • 【9】連絡先を交換するときに聞く。

    「帰りがけに連絡先と彼氏の有無を聞かれると、『この人、ちょっと私に気がある?』と思って嬉しくなる」(20代女性)など、自然に好感を抱く女性もいるようです。ただし、連絡先を教えてくれなかった女性に、しつこく彼氏の有無を聞くと嫌われるので気をつけたほうが良いでしょう。

何かのついでに彼氏の有無を聞かれると、女性は警戒心や不信感を抱かないようです。皆さんのご意見をお待ちしています。(遠藤麻衣/verb)
Photo:All images by iStock