女性に「この人についていこう!」と思われる怒り方9パターン


恋愛において、女性を上手に「怒る」ことができれば女性から信頼を得られます。しかし、ちょっとでも怒り方を間違えるとドン引きされて、いつまでも根に持たれることも…。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者300人に行ったアンケート調査の結果を参考にして、「女性に『この人についていこう!』と思われる怒り方9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】軽い微笑みを交えつつ、落ち着いたテンションで怒る。

    「怒りを込めないで怒られると、素直に聞こうと思える」(20代女性)というように、冷静な態度で怒られることを求める女性が多いようです。「キレられた」と思われたら最悪なので、深呼吸をして落ち着いてから怒ると良いでしょう。

  • 【2】周囲に人がいないことを見計らって、1対1の状況で怒る。

    「プライドを傷つけないような配慮がうれしい」(20代女性)など、自分のことを気遣ってくれていると感じるようです。仕事中やカフェなど大勢の前で怒るのは避けて、1対1で話し合える状況を作ってあげましょう。

  • 【3】「すごく心配したんだぞ」と、悲しい声で言ってから怒る。

    「自分のことを思って言ってくれていると思うから」(10代女性)など、心配していたことをアピールすると女性の信頼を得られることもあるようです。愛情が伝わる一方で、「重い」と思われるリスクもあります。状況によっては、心配していたことを大げさに言わない方が良いでしょう。

  • 【4】怒りを込めずに、普通のテンションで悪い点を指摘する。

    「淡々と怒られると『賢い人だな』と思う」(20代女性)など、冷静に怒れば女性から尊敬されることもあるようです。感情論ではなく論理的に相手の悪い点を指摘できるように、頭のなかで整理してから怒りたいところです。

  • 【5】「どうしたんだ?」と、まずは女性の主張を聞く。

    「頭ごなしに怒られると反発してしまうから」(10代女性)など、相手の主張を聞くことで信頼を得られることもあるようです。「わかっていない男だ!」と思われないように、女性の言い分を認めたうえで、自分の考えを伝えると良いでしょう。

  • 【6】「もうやるなよ」とだけ言って、すぐに違う話に移る。

    「一言で終わらせるのが男らしい」(20代女性)など、器の大きい男だと思われるようです。とはいえ、「バカヤロー」や「ふざけんな」などの暴言を吐くと女性を傷つけてしまうので、言葉遣いには充分に注意しましょう。

  • 【7】「○○はダメだけど、○○は良い」など、怒った分だけ、良いところを褒める。

    「叱った後にフォローしてくれるとうれしい」(20代女性)など、怒りっぱなしで終わらせないことで、女性のテンションを上げることもできるようです。良いところをしっかり褒められるように、普段から女性の良いところを見つけておきましょう。

  • 【8】「罰として次のデートを企画して!」など、前向きなペナルティを提示する。

    「ネチネチ言われるより、気持ちいい」(10代女性)など、女性の罪悪感を和らげることができるようです。女性が前向きに考えられるように、「次のデートを企画して」など比較的軽いペナルティを考えましょう。

  • 【9】「俺が真剣に怒るのはお前だけだ」など、特別感を匂わせる。

    「ありがたいと思える」(20代女性)など、特別感を強調することで感謝されることもあるようです。押しつけがましいと思われる可能性もあるので、ある程度の信頼関係が築けている女性に対して言うと良いでしょう。

他には、どんな怒り方で女性から「この人についていこう!」と思われるのでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock