デートの断り文句にみる、女性の「脈アリ」サイン9パターン


デートを断られたときは、ショックで落ち込んでしまうもの。しかし、女性の断り方によっては、あなたに気があると判断できるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに、気になる男性だけにしか使わない、デートの断り文句を教えていただきました。

  • 【1】「○○なら空いてるんだけど。」と言って違う日を具体的に提案する。

    「このチャンスを逃したらもったいないから。」(10代女性)のように、デートを実現させるために空いている日を伝えるという女性がたくさんいました。女性から違う日を提案するのは、「デートしたい!」という気持ちの表れなのかもしれません。

  • 【2】「今度は、私から誘っていい?」と女性から誘う。

    「誘ってもらって嬉しかったことを伝えたい。」(20代女性)のように、誘われて嬉しかった相手には、自分から誘っていいか尋ねることもあるようです。そのときは「もちろん!」と気持ちよく応えるといいでしょう。

  • 【3】「絶対、絶対、また誘ってね!」とデートしたいことを猛アピールする。

    「必ず行きたいという気持ちをアピール。」(10代女性)のように、行きたかったことをアピールする女性もいます。女性の熱意を感じたらその場で別日程を提案するといいかもしれません。

  • 【4】「どうしても行きたかったんだけど…。」と前置きを入れてから断る。

    「本当に行きたかったことだけは伝えたい。」(20代女性)のように、どうしても行きたかったことを強調する女性もいます。丁寧な前置きを入れてから断る女性は、脈アリなのかもしれません。

  • 【5】「その日は、外せない『女子会』があって…。」と他の男性との約束でないことをアピールする。

    「別の男性と会うと誤解されたくない。」(20代女性)のように、「女子会」という言葉を使い、女性だけの集まりがあるとアピールする女性もいます。他の男性との約束ではないと強調するのは、男性を恋愛対象として見ているかもしれません。

  • 【6】「その日、日本にいないんだ。」など、どうしても会えない理由を正直に説明する。

    「どうしても会えないと知って欲しいので。」(20代女性)のように、止むを得ない理由があるとアピールする女性もいます。「タイミングさえあえばデートしたい!」という気持ちを込めた断り文句なのでしょう。

  • 【7】「やっぱり日程を調整できなかった。ゴメンね。」と一旦他の予定を調整しようとしたことをアピールする。

    「デートに行くために手を尽くしたことを知って欲しい。」(20代女性)のように、他の予定を調整しようとしたことをアピールする女性もいます。先に決まっていた予定を調整しようとするほど、男性からの誘いが嬉しいものだったのかもしれません。

  • 【8】「その日はダメだけど、次は○○君との予定最優先だから!」と男性を最優先するとアピールする。

    「断ったけど、気があることをアピール。」(20代女性)のように、「最優先」という言葉に男性への好意をにじませる女性もいます。どうしてもキャンセルできない予定があっただけで、次回誘ったときはデートを最優先してくれるでしょう。

  • 【9】「次は絶対行きたいから、遊びに行く日を今決めよ。」とその場で次のデート日を決めようとする。

    「絶対実現させたいから。」(20代女性)のように、その場で次のデート日を決めようとする女性もいます。なんとかしてデートを実現しようとしている女性の気持ちを裏切らぬよう、楽しいデートプランを用意しましょう。

他にはどんな、「デートの断り文句にみる、女性の脈アリサイン」があるのでしょうか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock