彼女を傷つけてしまった軽はずみな一言9パターン


交際期間が長くなると、気安さからつい不用意な一言を発してしまい、彼女を傷つけてしまうことがあるものです。それが元で大ゲンカや別れに発展するおそれもあるので、軽はずみな発言には常に注意したほうがいいでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「彼女を傷つけてしまった軽はずみな一言」をご紹介します。

  • 【1】「別にいいけどさぁ…」など、そっけない一言

    「デートで『海に行きたい!』と言われ、どっちつかずに答えたら彼女がマジギレした」(10代男性)など、彼女の積極的な意見に対してヤル気なしの答えを返すのはまずいでしょう。嫌なら嫌でその理由を伝え、代わりの行き先を提案したいところです。

  • 【2】「最近太った?」など、体型についての一言

    「僕は少しプニプニが好きだから、むしろ褒め言葉のつもりだったのに怒られた…」(20代男性)というように、女性の体型に関して、男女の見解には大いに隔たりがあるようです。「太った」方面の一言はすべて控えたほうがよさそうです。

  • 【3】「束縛しないでよ」など、彼女を邪険に扱う一言

    「軽い冗談のつもりで言ったら泣かれてしまった」(20代男性)など、彼女の気持ちが真剣なほど、それを邪険に扱う一言は問題となるようです。束縛されていると感じても、自分を大切に思ってくれる気持ちゆえと考え、むしろ「ありがとう」というくらいの心で受け止めたいものです。

  • 【4】「ほかの女の子と遊んじゃうよ」など、浮気の可能性を思わせる一言

    「デートの予定をキャンセルされ、腹立ちまぎれに言ったら大ゲンカに」(20代男性)など、「浮気」を感じさせる一言は、たとえ軽口でも彼女の心をかき乱してしまうようです。自分が言われた場合を想像すれば分かるように、口に出すのは禁物でしょう。

  • 【5】「元カノはそうじゃなかった」など、前の彼女と比べる一言

    「『元カノは体重50キロなかったな…』とつぶやいたら激怒された」(20代男性)というように、どんな内容であれ、彼女をほかの女性と比べる発言はNGでしょう。うかつにも言ってしまった場合は、「だからキミの方が好きだ」という流れをつくってフォローしたいところです。

  • 【6】「女は楽でいいよね」など、女性を差別する一言

    「いつも定時で残業なしの彼女にポロッと言ってしまった。強烈に気まずい空気になった」(20代男性)というように、男女差別的な発言は、彼女から軽蔑される一因になるようです。立場の違いと「性別の違い」を混同するのは避けたほうがよいでしょう。

  • 【7】「もう少し頑張ったら?」など、努力を認めない一言

    「ダイエットが成功しない彼女に『もっと努力したら?』と言った。二度と会ってくれなかった」(30代男性)など、彼女の苦労を無視する一言で、嫌われてしまったパターンです。相手の気持ちになって労ってあげるほうが、彼女のヤル気を引き出せるでしょう。

  • 【8】「また失敗したの?」など、呆れたような一言

    「彼女の軽いドジに愛情を込めて苦笑していたつもりが、ある日『バカにしないで!』と本気で泣かれた」(20代男性)など、軽く茶化すような一言も、何度も繰り返せば彼女を傷つけてしまうようです。どうせ言うなら「そこがかわいいよ」と付け加えるとよいでしょう。

  • 【9】「うるさいよ!」など、感情的な一言

    「仕事でイライラしていて、つい彼女に当たってしまった。言ってはいけなかった」(30代男性)など、暴力的な言動はどんな形であっても女性に恐怖心を与えてしまいます。精神的に余裕がないときは無理して会わないなど、自分にルールを定めるとよさそうです。

心当たりのある一言はありましたか?ほかにも「彼女を傷つけてしまった軽はずみな一言」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock