遠距離恋愛を開始する前に決めておきたい約束事8パターン


就職や進学などをきっかけに、どちらか一方が遠くで暮らすことになってしまうカップルも多いと思います。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者から寄せられた「遠距離恋愛を開始する前に決めておきたい約束事」をまとめてご紹介します。

  • 【1】おはよう、おやすみのメールをお互いに欠かさないこと

    「そばにいられないぶん、『おはよう、元気?』だけでもすごくうれしい」(20代女性)、「『いま帰宅』みたいなメールで、つながっていることを実感する」(20代女性)など、一日の行動のなかで軽く交わすメールには、物理的に離れているふたりの心の距離を近づける効果があるようです。

  • 【2】連絡が取れなくなりそうな日を伝えるなど、できるだけ予定を教え合うこと

    「仕事の付き合いだとしても、連絡が取れないと心配になる」(20代女性)などの理由から、「予定は事前に教えてほしい」(20代女性)という女性は多いようです。「家のなかで倒れていても、様子を見に行ける距離じゃない」(20代女性)と気をもむ心情を理解してあげましょう。

  • 【3】相手の姿が見えないからこそ、信じる気持ちを忘れないこと

    「相手の姿が見えないと、つい疑り深くなる」(20代女性)というのは、ある意味仕方のないことですが、「やっぱり、お互い信じ合うことが大事」(20代女性)、「『とにかく信じる』って、遠距離恋愛を長く続けるコツ」(20代女性)といった主張には、有無を言わせぬ説得力があります。

  • 【4】メールだけでなく、なるべく電話で会話すること

    「通話料金を無料にするため、携帯電話の会社を変更した」(20代女性)など、遠距離恋愛の開始に合わせて、通信手段の見直しを図るカップルは多いようです。「メールもいいけど、本当は直接声を聞きたい」(20代女性)というのは、恋するふたりなら当然の願望でしょう。

  • 【5】交通費の負担について話し合っておくこと

    遠距離恋愛の経験者から多く寄せられたのは、「交通費の負担がキツい」(20代女性)という意見です。「『どちらかが会いに行く』形だと、片方に負担がのしかかるので、交通費の負担は平等にしたほうがいい」(20代女性)などのルールは、最初に決めておいたほうがよさそうです。

  • 【6】年間スケジュールを確認して、会える日の予定を立てておくこと

    なかなか会えないふたりなら、「長期の休みは、一緒に過ごすことが最優先」(20代女性)と考えるのは、ごく自然なことです。「連休に彼氏が友達と温泉に行っていたことを知った。しかもブログで!」(20代女性)というような、女性をないがしろにする行動は考えものです。

  • 【7】女性とふたりきりで出かけるなど、浮気を疑われるような行動は慎むこと

    「『おまえがそばにいないから寂しかったんだよ』と泣いて謝られても、もう信じられない」(20代女性)というように、「ちょっとした出来心」が、不本意な別離を招くきっかけになりかねません。相手の姿が見えないだけに、信頼の回復が困難なことを肝に銘じておきましょう。

  • 【8】いつまで遠距離恋愛を続けるのか、将来について考えておくこと

    「いつまで離れて暮らすのか、先が見えないのは辛い」(20代女性)というのは、多くの女性に共通する意見です。「『28歳になったら結婚しよう』みたいな、具体的な目標がほしい」(20代女性)など、将来設計を話し合うことは、ふたりにとって大きな励みになるはずです。

ふたりの関係によって、ほかにもさまざまな「決めておきたい『約束事』」が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock