「ネガティブだなぁ…」と感じる彼氏の一言9パターン


日頃から自信のなさを口にしすぎると、女性はうっとうしく感じてしまうようです。では、どういう発言が女性をげんなりさせてしまうのでしょうか。そこで今回は、「『ネガティブだなぁ…』と感じる彼氏の一言」をご紹介します。

  • 【1】洋服などを選びながら「どうせ俺、ブサイクだし」とボヤく。

    「そんなあなたと付き合っている私は何なの?」(10代女性)といったように、彼女の価値観まで否定することになるようです。「俺みたいなタイプだと何が似合うと思う?」など、積極的に相談したほうが前向きな印象を与えられるでしょう。

  • 【2】何をやるにしても「どうせ俺なんて…」と気乗りしない感じで言う。

    「頼りなく感じるし、聞いていてやる気をなくす。」(20代女性)など、自分を卑下するような発言にネガティブさを感じる女性は多いようです。難しそうなことでもチャレンジする姿勢を見せれば、彼女の応援したい気持ちが高まるでしょう。

  • 【3】ちょっとした失敗の度に「終わった…俺はもうダメだ」と嘆く。

    「逃げることしか考えていないように見えてしまう。」(30代女性)といったように、失敗する度に弱音を吐いても、後ろ向きな印象を強めるだけのようです。失敗によって学んだことを話すなど、ポジティブな会話に持っていけるといいでしょう。

  • 【4】デートなどの提案に対して「でもお金がない」と否定する。

    「デート中に『お金がない』と言われて、私のせいだと責められている気持ちになった。」(30代女性)など、お金がないと言い過ぎると、彼女を傷つける恐れがあるようです。お金をかけずに楽しめるデートを提案するなど、前向きな姿勢を見せたいものです。

  • 【5】食事する店などについて、「この店で大丈夫だった?」と何度も確認する。

    「しつこく聞かれると、『じゃあやめる』と否定したくなる。」(20代女性)など、彼女の気分を心配し過ぎることで、逆に彼女をげんなりさせてしまうようです。彼女の気分を心配するよりも、自分が楽しんでいる姿を見せたほうが、彼女にも楽しんでもらえるでしょう。

  • 【6】やたらと「ごめんね」と謝る。

    「変に気を使われると、逆にこっちが気を使ってしまう。」(20代女性)といったように、「ごめんね」と謝り過ぎることで、逆に彼女のプレッシャーになることもあるようです。彼女の顔色をうかがうばかりでなく、時には彼女を引っ張る強引さも必要でしょう。

  • 【7】彼女の態度に不安を感じると、すぐに「俺のこと好き?」と聞く。

    「重たいし、その自信のなさのせいで嫌いになりそうになる。」(10代女性)など、不安な気持ちをぶつけると「重い」と感じられてしまうようです。むしろ自分から「好きだよ」と伝えれば、彼女を喜ばせることができるでしょう。

  • 【8】彼女に対して「○○ちゃんは俺がいなくてもうまくやれるよ」とふてくされる。

    「『そんなことないよ』って言ってほしそうな感じが面倒臭い。」(10代女性)など、遠回しな発言は期待した反応にはつながらないようです。彼女になぐさめてほしいときは、遠回しな表現は控え、素直な気持ちを伝えたほうがいいでしょう。

  • 【9】他人を眺めながら「あいつら楽しそうでいいよな」とうらやむ。

    「人をうらやんでばかりで、向上心が感じられない。」(20代女性)といったように、他人と比べて自分を卑下することは、言い訳っぽく思われてしまうようです。「俺たちはもっと楽しいことをしようよ」と前向きな提案をすれば、彼女のテンションも上がるでしょう。

他にも彼女にうんざりされたネガティブな発言があればぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock