バレンタイン当日、女の子に嫌われてしまう振る舞い9パターン


女の子にとって重要なバレンタインの日。しかし、男性の振る舞いによっては、この日を最悪な思い出にしてしまう恐れがあります。男性がしたら嫌われてしまうバレンタインデーの振る舞いとはどんなものか、オトメスゴレンの女性読者に聞いてみました。

  • 【1】「お菓子会社に踊らされてるよな」など、バレンタインを否定する発言をする。

    「そんなこと言われたらチョコを渡しづらくなる」(20代女性)と、恋愛における一大イベントを否定されると、女の子はとてもショックを受けるようです。バレンタインは文化だと思って受け入れる姿勢も大切でしょう。

  • 【2】女の子が紙袋を持ってきていたら、中身をチェックしようとする。

    「自分や友達用のチョコなのに…期待に添えず申し訳ない」(20代女性)と、男性からの持ち物チェックにプレッシャーを感じてしまう人もいます。気になる気持ちをグッとこらえて、紙袋や大きなバッグには特に触れない方が良さそうです。

  • 【3】やたらに「何か手伝おうか?」と言うなど、その日だけ不自然に優しくなる。

    「下心がバレバレ。当日だけ優しくしても遅い」(10代女性)など、いつもと違う行動をとっても女性の心には響かないようです。見返りを求める姿勢は、あまりウケが良くないのかもしれません。

  • 【4】「お返しが大変だから」と、最初からチョコはいらないと宣言する。

    「あげようという気持ちが失せる」(10代女性)というように、わざわざ壁をつくるような発言は女の子をシラケさせる原因にもなりかねません。お返しが面倒だと思っている時点で人間性を疑われる可能性もあるので、気をつけましょう。

  • 【5】「実は◯◯から貰ったんだよねー」と、誰から貰ったのか言いふらす。

    「デリカシーがない! 勇気を振り絞ったのにバカにされた気分」(20代女性)と、女の子への配慮の無さはかなりの確率で男性の評価を下げてしまうようです。ついつい口走ってしまうことのないように、注意が必要でしょう。

  • 【6】あげたチョコの値段を聞いてきたり、手作りのものにケチをつけたりする。

    「彼氏だった場合、別れを考える」(20代女性)という人もいるほど、女の子にとっては深刻な出来事のようです。どんなチョコにも、そこに込められた気持ちがあるということを忘れないようにしましょう。

  • 【7】「これで◯個目ー!」と、もらった数を競ったり自慢したりする。

    「そんなに貰うなら私のなんていらないじゃんって思う」(10代女性)と、自分が粗末に扱われている気がして嫌だとの意見も。男同士の無意味な競争は、女の子の前では控えた方が良さそうです。

  • 【8】「どうせ義理チョコでしょ?」など、貰ったとしても冷めた態度をとる。

    「たとえ義理チョコでも、少しは喜んで欲しい」(30代女性)というのがあげた側の本音のようです。じつは本命という可能性もあるので、軽々しく義理チョコと決めつけない方が相手にも失礼がないでしょう。

  • 【9】渡されたチョコをその場で突き返したり、他の人にあげてしまう。

    「一生懸命作ったのに…」(10代女性)と、大切なチョコをこんな風に扱われたら、女の子は傷つきます。健気な気持ちを踏みにじることのないよう、渡されたものはありがたく頂きましょう。

いかがでしたか? 他に、バレンタインに男性がしたら嫌われてしまう振る舞いには、どんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)
Photo:All images by iStock