女の子がキュンとする手をつなぐタイミング9パターン


デートのムードを盛り上げるためには、積極的に女の子と手をつなぎたいところです。ここぞ!という瞬間で手を握れば、女の子との精神的な距離も縮まるかもしれません。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者に行ったアンケート調査の結果を参考にして、「女の子がキュンとする手をつなぐタイミング9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】電車を降りるときなど、人ごみのなかに入ったとき

    「はぐれないように、しっかり手を握ってくれるのが嬉しい」(10代女性)など、手をつないだ意味に愛を感じるようです。電車を降りるときや、遊園地に入ったときなどは、女の子を置いていかないように自分から手をつないであげると良いでしょう。

  • 【2】綺麗な夜景やイルミネーションを見ているとき

    「感動を共有できるから」(20代女性)など、デートの雰囲気が盛り上がっているときに手をつなぐと感動が倍増するようです。ベタなシチュエーションだけに気後れするかもしれませんが、ここぞ!という場面では勇気を持って手をつなぎたいところです。

  • 【3】歩行者の少ない暗い道を歩いているとき

    「安心させようとしてくれるのが嬉しい」(10代女性)など、手をつなぐことで暗い道を歩くことへの不安が解消されるようです。あえて「薄気味悪いね」と言って共通認識を作っておけば、手をつなぐ理由に自然と気づいてもらえるでしょう。

  • 【4】何気なく手が触れ合ったとき

    「それが『手をつなぎたい』というサインだから」(10代女性)など、わざと手が触れるようにしている女性もいるようです。歩いているときに2?3回手が触れ合ったら、気づかないフリをしてスルーするよりも、手をつないであげると喜んでもらえるでしょう。

  • 【5】歩いていて、方向転換をするとき

    「何も言わずに『こっちだよ』という意思表示をしてくれるとキュンとする」(20代女性)など、誘導手段として手をつなぐことに喜びを感じる女性もいるようです。強引に手を引っ張ると冷たい男性だと思われることもあるので、力を込めすぎないように心がけた方が良いでしょう。

  • 【6】横断歩道を渡るときや車通りの多い道を歩いているとき

    「守られている気分になる」(10代女性)など、つないだ手に頼もしさを感じてもらえるようです。砂利道や雨で滑りやすくなったフロア、階段を歩くときなど、転びやすい場所では、安全のために手を差し出してあげると良いでしょう。

  • 【7】混んでいる電車に乗ったとき

    「女性の立場を考えてくれることが嬉しい」(20代女性)など、密集した車内で、吊革をつかめない女性に対する気遣いとして受け取られるようです。電車が揺れたときは、つないだ手に力を込めて彼女を支えれば、より安心感を与えることができるでしょう。

  • 【8】一緒に歩いていて、会話がなくなったとき

    「無言でも安心できるし、癒されるから」(20代女性)など、手をつなぎドキドキすることで、会話がなくても充実した時間を過ごせると言う女性もいるようです。無言で歩いたままだと「つまらないのかな?」と思われることもあるので、会話が途切れたらチャンスだと思って積極的に手をつなぐと良いでしょう

  • 【9】冷たい夜風が吹き始めたとき

    「つないだ手が温かいとキュンとする」(10代女性)など、温めるために手をつなぐのも嬉しいようです。デートの帰りに女の子を送っているときなどに、女の子の手を温めるつもりで手をつなぐと良いでしょう。

他には、どんなタイミングで手をつながれると女の子はキュンとしてしまうのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock